「コロニアリズム」の時代に設定されたAmazon Studiosの新しい世界にJournosは依然としていらいらしている

彼らは再びそれに立ち戻り、今回は最初の攻撃として使用されたのと同じ古い疲れた議論であり、それは「白人は悪であり、植民地主義を使用して原住民を殺す」ことである。 新世界. 読み続ける 「「植民地主義」の時代に設定されたアマゾンスタジオの新世界に、ジャーノスはまだいらいらしている」