ダンジョンズ3 PS4レビュー:Good to be Bad

ダンジョンズ3レビュー

[開示:この記事の内容にレビューコードが提供されました]

このレビューに入る最大の課題は、Bullfrogの1997叙事詩について話すことに何度も力を入れなければならないか、 ダンジョンキーパー。 このレビューではないので、私は1つに定住しました ダンジョンキーパー。 それは ダンジョン3それでも、私たちがここにいるのは、Peter Molyneuxの伝説的な古典のようなあからさまな敬意を表しているゲームであり、両者の間の類似点に対処する必要があるということです。 私の初めてのことにアクセスできる14歳 PC、私は巨大だった ダンジョンキーパーfそれで、いつものようなゲーム ダンジョン3 私は注意と興奮の両方でそれにアプローチします。 読み続ける 「ダンジョンズ3 PS4レビュー:グッドトゥビッドバッド」