記事はどうでしたか?

1549940クッキーチェック自称ライバルキャラのアーキタイプ。
ニュース
2019年5月29日

自称ライバルキャラのアーキタイプ。

自称ライバル キャラクターのアーキタイプは、あまりにも長い間退屈でした。 彼らは本当の深さを欠いていて、読者への愛着の量を作成しないキャラクターです。 哀れで浅い爆豪から 僕の英雄アカデミーからのレオポルド・ヴァーミリオンに、ただ悲鳴を上げて叫ぶばかりです。 ブラック・クローバー何も成し遂げておらず、キャラクターの深みもない。

ライバルキャラのアーキタイプは全くもって無駄だと思っていたのですが、そんな嬉しさで、ようやく自称ライバルと言えるほどの楽しみがありました。 サブナックサブナックをご紹介します。

ライバルのキャラクターがギャグのために作られたり、ささいな口論の元になったりすることが非常に多いため、 入ました! 入間くん. サブナックは早い段階でイルマをライバルと宣言しましたが、主人公を比較するための尺度であるという文を提供するのではなく、サブナックは独自の明確に定義されたキャラクターアークを持っています。

サブノックは冷酷なトラブルメーカーであることから、主人公から学び、傲慢ではなく謙虚に行動し、よく読まれることの重要性と戦略の重要性を理解しています。 個性のすべてが「熱狂的」という XNUMX つの用語に集中していないライバル キャラクターを見つけることは安心です。 平凡なアニメで、このような輝くキャラクターデザインの宝石を見ると、私は嬉しくなります。

Respect Sabro Sabnock (魔学校へようこそ! 入間くん) : 尊敬スレッド

その他のニュース