Strauss Zelnick氏、ゲーム業界はいつか完全にデジタル化する

最近、同社の最新の決算報告で、Take-TwoのCEOであるシュトラウスゼルニックに、ゲーム業界のデジタル化について尋ねられました。 彼は業界の物理的な側面は有益であると信じていますが、ビジネス全体がデジタル化するのは時間の問題だと結論付けています。

出版サイト gamesindustry.biz Take-TwoのCEOにインタビューし、ゲーム業界の状況の変化について、そして将来的に完全にデジタル化するかどうかについて彼に尋ねる機会がありました。

CEOは、物理的な流通は「非常に重要」であり、物理的な小売業者は会社のパートナーであると述べていますが、時間の経過とともに、ビジネスが完全にデジタル化することについては、「いつ」ではなく「いつ」という問題ではないと考えています。

前進する物理的およびデジタルのトレンドに関する出版サイトに対するゼルニックの反応は以下のとおりです。

「ご覧のように、カタログはビジネスの92%であり、カタログはデジタル配信に大きく偏っているため、当四半期の純予約の92%はデジタル配信されたため、当四半期は少し歪んでいます。 それはかなり高い数です。

私は、実際には、削減可能な最小の物流があるとは思いません。 消費者の行動次第だと思います。 そして、これは時間の経過とともにデジタル配信ビジネスであると私は信じています。 しかし現在、物流は依然としてビジネスの非常に重要な部分であり、物理的な小売業者は私たちのパートナーであり、私たちはそれらを非常に重要な業界パートナーと見なしています。

しかし、時間が経つにつれ、他のすべてのエンターテインメントメディアを見ると、ビジネスが完全にデジタル化するのは時間の問題です。」

ゼルニックの考えを打破するために、物理メディアはしばらくの間他のエンターテインメントメディアがゲーム業界に影響を及ぼし、完全にデジタル化されるまで、しばらくの間は固執すると信じています。

ゼルニックを信じているかどうかにかかわらず、彼はデジタル数字が年間のTake-Twoのビジネスの87%を表すと予想しています。これは、昨年の82%から増加します。 また、プレーヤーが家にいる必要があるため、現世代のコンソールゲームの売上の68%(昨年の55%と比較)がデジタル配信されると予測しています。