シュトラウスゼルニックのように、XNUMXつの次世代ゲームの価格は選択的に上昇します

最近の投資家からの電話で、Take-TwoのCEOであるStrauss Zelnickは、次世代のビデオゲームの価格は「タイトルごと」に値上がりすると述べています。 これは、Take-Twoが「価値のある」タイトルであると決定した内容に応じて、次世代の価格を決定することを意味します。

We’ve reported before that Ubisoftはビデオゲームの価格を引き上げることを検討しています 前進する。 この世代または次期世代のコンソールとゲームの早い段階では起こりませんが、Ubisoftは59.99ドルからそれ以上の値上げを検討しています。

さらに、Ubisoftが次世代の価格高騰を検討するようになった会話は、2KとVisual Conceptsの発表に由来します。 N 次世代のコンソール(Take-Twoの下にあるゲーム)の方が高価です。

With that said, Zelnick was asked by an investor during the company’s first-quarter earnings call about next-gen pricing. Here’s the CEO’s response courtesy of videogameschronicle.com:

「私たちは間違いなくタイトルごとの価格を発表しています。 この価格は、品質がそれをサポートするだけでなく、要求する場合に適用されます。 生産コストは大幅に上昇しましたが、最も重要なのは、消費者の体験がかつてないほど堅牢であり、NBA 2K21が並外れたものになることは間違いないので、心配はないと思います。」

In other words, Zelnick believes next-gen price points are determined by “quality” and “production costs.” However, consumer experience also plays a part in Zelnick’s equation, which means the CEO believes N is an “extraordinary” title that is worth more money.

So what does this all mean? It means that not all of Take-Two’s next-gen games will hit store shelves and the digital scene boasting higher prices, but if the game “warrants” a price hike due to its “production” and “features,” then it will cost consumers more money.

最後に、 N2K21:Mamba Forever Edition のために開始されます PC, PS4, 携帯 One、および4年2020月XNUMX日にStadia。前述のゲームの次世代バージョンは、 PS5 XboxシリーズXはこのホリデーシーズンにいつかは。