オネストシーフの予告編は、リーアムニーソンのこれまでで最高のアクション映画のXNUMXつと思われるものを台無しにします

正直な泥棒(2020)

オープンロードとソリューションエンターテインメントグループの 正直な泥棒 映画製作者のマーク・ウィリアムズは、最もキャッチーな名前を持っておらず、その背後にあるマーケティング予算もあまりありません。ハリウッドは、メル・ギブソンと同じように、リーアム・ニーソンに反対するために目覚めた狂信者とツイッター狂信者を獲得しています。新しいアクションフリックは、ソーシャルメディアの社交界の人々の間で多くの宣伝を獲得します。 しかしながら、 正直な泥棒 は男性向けの映画であり、実際に映画を鑑賞する人であり、教化されていない人を楽しませるために、白ナックルアクションへの古典的な復帰のように見えます。

リアムニーソンは、解体に特化した元海兵隊として主導し、これらのスキルを使用して全国の銀行を強盗し、その過程で数百万ドルを隠しています。

一見老朽化していないケイトウォルシュが演じる熱い赤毛のひよこに会った後、彼は落ち着き、自分自身を受け入れ、犯罪の人生をあきらめることにしました。 しかし、一部の汚いFBI捜査官は、彼らが泥棒を離れて、彼の現金を取り、彼のガールフレンドですることができると思います。 古典的なニーソンのファッションでは、弧は二度目のチャンスからまっすぐな復讐へと続きます。

予告として、以下の予告編 映画予告編ソース is filled to the brim with spoilers, so if you want to avoid them then don’t watch the trailer.

これは、現代の観客の感性で作られた昔ながらのアクション映画への古典的な逆戻りのように感じます。

私はいくつかを手に入れています 最近親者 vibes along with a hint of Michael Mann’s incomparable character-driven thriller, 泥棒.

Literally, the biggest issue with this trailer is the fact that it spoils everything… literally, everything.

They could have cut an entire minute out of it and just left it focused on Neeson’s intentions to go straight and the two FBI agents’ willingness to steal all the money.

The action scenes look serviceable, and the plot seems interesting. Based on what they showcased there doesn’t appear to be any kind of feminist empowerment going on, I didn’t spot any kind of unnecessary “diversity”, and Neeson seems in full-on badass mode.

私が承認します。

Plus, Neeson was unapologetic about not liking no-muffin joggers, so he’s definitely worth supporting.