Ubisoftはビデオゲームの価格をいつか次世代に引き上げることを検討する

Ubisoftは、今後の価格引き上げを目指しています。 この世代または次期世代のコンソールとゲームの初期には起こりませんが、Ubisoftは最大59.99ドルからそれ以上の値上げを検討しています。

「ビデオゲームの価格は時代とともに増加する必要がある」という疲れた昔の話は再び頭をもたげてきました、そして今度はそのUbisoftが2KとVisual Conceptsが会話を始めた後に会話を始めました N 次世代のコンソールの方が高価です。

ことで、 gamesindustry.biz Ubisoftの本日の第1四半期の決算説明会に参加し、CEOのYves Guillemotが次世代ゲームに関するさまざまな質問に答えました。 これは必然的にギルモットが値上げ交渉と会社の将来のポートフォリオの価格ポイントに直面しなければならないことにつながりました。

ギユモトがこの状況について述べなければならないことは次のとおりです。

「クリスマスゲームについては、前世代のコンソールと同じ価格で提供する予定です。 それが現在私たちが注力していることです。」

出版サイトは、別の機会に、Guillemotが投資家の質問に答え、Ubisoftによる次世代ゲームの扉を開いたままにして、この世代の会社から現在入手可能なものよりも高い価格を誇っていると記しています。

これはどういう意味ですか? それは、Ubisoftがこの世代だけでなく、次世代のコンソールやゲームを導入する今年のホリデーシーズン中にも59.99ドルの価格を維持することを計画していることを意味します。

言い換えれば、ホリデーシーズンの後に、Ubisoftの次世代ゲームが新しい値札を誇るのを見ることができました。 ただし、マイクロトランザクション、DLC、シーズンパス、Uplay限定コンテンツなど、その他の有料フラッフは含まれません。

最後に、今後数か月以内に、より多くの企業がビデオゲームの価格についての考えや、価格が高すぎるかどうかについて話し合うことを期待してください。 すでに、次のような2Kがあります。 ゲームはより高価である必要があります、Ubisoftは概念を検討していますが、開発者のPeople Can Flyは ゲームは値上げする必要はありません.