セガは2Dと3Dのソニックゲームの「良いケア」を進めたいと飯塚隆氏は言う

Sonic Studioの最高ブランド責任者Ivo Gerscovichは、今年のXNUMX月上旬に「エキサイティングなニュース」が待っていると語りました ソニック ファン。 「近いうちに」というオープンウィンドウ以外ではいつ発生するかについては時間枠を明かしませんでしたが、ソニックチームのボスである飯塚隆は、セガが2Dと3Dの両方を「よく管理する」ことをゲーマーに保証します ソニック 将来のゲーム。

あなたがセガのファンであるかどうかにかかわらず、ソニックチームのビジョン ソニック·ヘッジホッグ、シリーズが2つの異なるタイプのゲームに分割されていることは否定できません。これは、たまたま古典的な3DタイトルとXNUMXDタイトルです。

どちらか一方または両方の設定が気に入った場合は、セガが2Dおよび3Dゲームを順調に処理したいと考えていることを確認してください。 この情報は出版サイトからのものです nintendoeverything.com.

このウェブサイトは、飯塚とニュースアウトレットの最近のインタビューを把握することができました otaquest.com、上記に触れます。 言い換えれば、より多くの2Dゲームが ソニックマニア 進行中および3D ソニック ゲーム。

アウトレットオタクエストが飯塚に提案したXNUMXつのタイプについての質問を読むことができます ソニック ここにゲーム:

オタクエスト:基本的に、クラシックソニック(2D)とモダンソニック(2D)によって定義されるキャラクターとしてのソニックへの3つの異なるアプローチがあり、ソニックマニアのリリースは、ファンの間で2Dゲームプレイに対する多くの需要があることを示しました。 これは、Sonicチームがフランチャイズを処理する方法にまったく影響しましたか? 2つの異なるスタイルのバランスをとるプレッシャーが感じられますか?

そして、ここに飯塚の返答があります:

飯塚崇:「クラシック」と「モダン」の区別がなされてからそれほど時間が経っていませんが、実際には2011年の「ソニックジェネレーションズ」のタイトル以来です。 それ以前にも、メインの3Dシリーズに加え、ソニックアドバンスシリーズなどの2Dアクションゲームへの需要が高かったことから、20周年を迎えたタイトル「ソニックジェネレーションズ」では、旧ソニックをクラシックソニックとして復活させました。 最初は20周年記念プロジェクトになると思っていましたが、その後、2017年のSonic Maniaとなった新しいクラシックSonicスタンドアロンタイトルへの強い要望がありました。 将来的には、これらのXNUMXつの非常に人気のあるSonicのイテレーションに十分注意していきます。

それまでの間、これは2021年だと思いますか ソニック ゲームは、セガとソニックチームが主張している大きさになるでしょうか。 また、この新しいゲームを2Dまたは3Dにしますか?