ヘルバウンド、ゴリーのレトロをテーマにしたFPSが4月XNUMX日にリリース

ヘルバウンド

Saibot StudiosがKickstarterを通じてクラウドファンディングを成功させた後 6月の2018、開発者は、レトロな一人称シューティングゲームをSteamでリリースするために、彫刻、洗練、そして先端の形にしようと懸命に取り組んできました。 実際、彼らはゲームの完全リリース日が4月XNUMX日に設定されていることを確認し、キャンペーンモードがどのようになるかを確認できる新しいトレーラーもリリースしました。

これは、彼らがサバイバルモードをリリースした後です ヘルバウンド back in 2018, shortly after the Kickstarter wrapped up. Tobias Rusjan from Saibot Studios, explained that they’ve been using that time (and player feedback) to craft and hewn a very solid first-person experience out of ヘルバウンド for gamers, saying…

「Hellbound:Survival ModeがSteamでXNUMX年間利用可能になり、昔ながらのシューティングゲームファンからの反応はすばらしかったです! デモがリリースされて以来、多くのことを学び、それを元にして、できるだけ早く悪魔を駆け抜けるプレイヤーの意欲をテストする本格的なキャンペーンを作成しました! スピードはヘルバウンドのゲームの名前です。」

But enough prattle, it’s time to see the game in action. You can check out the ヘルバウンド 以下のキャンペーントレーラー。

ゲームプレイの仕組みは私に思い出させます DOOM でもレベル設計は 地震 そして一人称の美学 残忍な伝説.

That’s not a bad combination by the way.

ゲームプレイは速くて激怒しているように見えますが、ステージのデザインが少なすぎて、彼らの周りで行われているアクティビティの数が少なすぎることを心配しています。

以前のように、レベルをノンストップアクションで満たすことで、いくつかのゲームはこれを回避しました 深刻なサム これらの大規模で広々とした環境が数百人の敵で溢れていることで知られているタイトル。

ただし、アクションを高速かつ流動的に維持し、ゲーマーにヘルスピックアップ、鎧、武器、秘密の環境を探索してもらうことで、彼らを称賛する必要があります。

タイトもあります コリドー7-style segments where you’re inside of some tight spaces where reaction times and peeping corners becomes necessary for survival.

There’s a good mixture of skill-based shooting and exploration involved, which could make ヘルバウンド a new-age FPS classic. We’ll see if they deliver the goods in spades when August 4th gets here. In the meantime you can check out the free trial over on the スチームストアページ または訪問 公式ウェブサイト 詳細についてはこちら。

(ニュースのヒントGuardian EvaUnit02をありがとう)