Tencentは日本のアニメやマンガをターゲットにしてポートフォリオを強化したいと考えている、とレポートは言う

最近、XNUMXつのWebサイトが複数のTencent従業員から、中国の巨大コングロマリットが日本のアニメとマンガをターゲットにして、近い将来にポートフォリオを強化したいと考えていることについて話し合っているという知らせを受けました。

6年2020月XNUMX日に戻って、 Tencentについて報告しました 今後70年間でさまざまな分野にXNUMX億ドルを投資して、将来のイニシアチブを強化したいと考えています。 テンセントの従業員から連絡を受けたXNUMXつのサイトによると、そうした取り組みのXNUMXつに日本のアニメやマンガが含まれているようです。

最初のウェブサイトは japantimes.co.jp、そしてそれはTencentのビジョンと、「有名なアニメやマンガのコミックヒーロー」やストーリーを「ビデオゲーム」に変えることに焦点を当てたマーベルユニバースのようなマルチメディアキャンペーンの宣伝方法について詳しく説明しています。 あなたはここで上記について読むことができます:

「テンセントのビジョンは、マーベルユニバースのようなマルチメディアフランチャイズの立ち上げを支援することです。有名なアニメやマンガのコミックヒーローやストーリーをビデオゲームに変え、知的財産を最大限に活用することに焦点を当てています。 同社は、多機能なメッセージングプラットフォームであるWeChatを制御しているため、自社の製品を相互プロモーションする上で大きな利点があります。」

Tencentの従業員から連絡を受けた後、出版サイトはTencentに声明を送りましたが、同社はこの要求に応じませんでした。

また、ウェブサイト caixinglobal.com Tencentの従業員から、日本のアニメやマンガに手を取りたいという会社からの連絡もありました。 以下は、アウトレットの記事からの抜粋です。

「テンセントは長い間、日本のエンターテインメントの輸出を最適化の機が熟している分野と見なしてきました。

[テンセット]の新しいアプローチは、代わりに[日本語]のパートナーになり、役員会の席を購入して新しいコンテンツに優先的にアクセスすることに費やすことです。」

この出版物は、現状について一言でテンセントのゲーム部門に連絡を取ろうとしたが、あまりにもコメントを控えた。

最後に、上記のいずれかが展開するかどうか、そしてテンセントが日本のアニメやマンガをより多くの収益を生み出すためのXNUMXか年計画の一部にしたいと望んでいるかどうかが時を告げるでしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。