アーミーオブツー:40日目のレトロレビュー:過ぎ去った時代の男らしい協力ゲーム

40つのXNUMX日目の軍のレビュー

タイトル: 陸軍2:40thの日
ジャンル: サードパーソンシューター
選手: 1 – 2(生協オンラインまたは分割画面)
プラットフォーム: 携帯 360、PS3
開発者: EAモントリオール
出版社: エレクトロニック·アーツ
リリース日: 12年2010月XNUMX日

彼らは本当にもうこのようにそれらを作りません。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ほとんどすべての新しいAAAタイトルは、縮退と左翼の宣伝で埋め尽くされているので、古いゲームのプレイとレビューに戻りました。 今、私は言うべきことはあまりありませんが 陸軍2:40thの日、これは2008年の遠征の続編です 2の軍、私はそれがまともなものとして家に座っているテストステロンで満たされたサードパーソンシューティングゲームであると簡単に言うことができます(適度に面白いとは言えませんが) 戦争の歯車 茶色と灰色のパレット独占の全盛期に出てきたクローン。

ストーリーは事実上存在せず、ゲームの大部分は、アートチームが文字通り上海を爆破し、建物の内側のマイケルベイをタップしながら左右に建物を破壊する理由に過ぎませんが、それはすべて、ゲーマーにタイソンリオスとエリオットセーラムというXNUMXつの強化された傭兵として相応しい理由を与える動機。

陸軍2:40thの日

長所:

+XNUMXつのワルな傭兵が登場する男らしいゲーム
+武器のまともなカスタマイズオプション
+制圧射撃は戦術的な側面攻撃に不可欠です
+敵AIが複数の側面から圧力をかけようとします
+敵AIは、倒れた同志を助けることができます
+たくさんの爆発とテストステロン
+ Social Justice Warrior BSまたはpozzed contentなし

短所:

-約6時間の短いゲームプレイ時間
-ストーリーは意味がありません
-Main villain isn’t fleshed out at all
-武器の選択はまばらです
-レベルはかなり線形です
-激しい消防活動中にフレームレートが30fpsを下回る
-XNUMX回目のプレイスルー中に数回ロックアップ

40人の軍隊:XNUMX日目-選択肢

ライトオンストーリー、ヘビーオンアクション

ストーリーは、リオスとセーラムを中心に、保存するか殺すかを選択できる40番目の傭兵とともに、上海のいくつかのビーコンを無効にする必要があります。 物事は急速に南下し、セーレムとリオスは、謎のヨナ将軍に率いられた第40デーと呼ばれる傭兵グループが街中に大混乱をもたらしながら、上海で行き詰まります。 ゲームの核となる要点は、ハンドラーであるアリスマレーとともに、セーラムとリオスが上海から脱出し、XNUMX日の傭兵の鉄のグリップを奪うことです。

The game clocks in at anywhere between six and eight hours, depending on your skill level. It’s spread across a handful of chapters that take the duo through various parts of Shanghai, including explosive-torn alleyways, ravaged hospitals, a blown-out zoo, a mall working as a satellite station, an occupied harbor, and a temple turned into a military base.

前述の「道徳的な」選択肢はゲーム全体でまれに表示されます。新しい武器オプションが開かれることもあれば、武器オプションが閉じられることもあります。 これらの選択の性質により、EAモントリオールの開発者は、プレイヤーがストーリーを数回プレイしてさまざまな決定を下し、新しい武器のロックを解除し、新しいアップグレードやパーツを入手できるように設計しました。

アーミーオブツー:40日目-ホワイトタイガー

道徳的選択は再現性を促進する

It’s a decent incentive to encourage replayability, even though most of the choices have silly outcomes or don’t really affect the overall direction of the game that much save for the very end. There’s also only two endings, so it’s not like there’s an infinite amount of possibilities present.

の肉 アーミーオブツー:40日目 セグメント化されたXNUMX人称シューティングレベルで、XNUMX人のプレイヤーがオンラインプレイまたはローカルの分割画面を介してチームを組み、敵を一緒に倒すことができます。

残念ながら、ゲームを進めるきっかけはせいぜい希薄です。

Your main objective is mostly moving from one scenario to the next while taking down the 40th Day soldiers/mercenaries. Along the way you’ll have the option to free Chinese civilians from the 40th Day, which will reward you with morality points. The only thing it changes is that at the end of the game if your morality rating is high enough, some of the civilians you saved will take up arms and help you assault Jonah’s stronghold.

アーミーオブツー:40日目-ドクと少年

You can attain morality points by either saving said civilians from execution, or by apprehending enemy soldiers, disarming them, and tying them up. I did like that if you managed to get the drop on foes you could tell them to drop their guns and have the other nearby soldiers to surrender. It reminded me of Eidos’ レザボア・ドッグス OG XboxとPS2では、民間人の人質をつかんで脅すことで警察や警備員に後退するように指示できます。

残念ながら、 陸軍2:40thの日 the hostage-taking doesn’t always work, and sometimes as you’re grabbing enemies his buddies will open fire and kill their teammate or any nearby civilians. I don’t know if the game was just glitching or if the AI was just finicky, but the hostage-taking feature was nowhere near as solid or reliable as it should have been, especially as it frequently resulted in enemies just firing wildly even if you attempted to grab them.

If trying to play diplomacy isn’t your cup of tea, don’t sweat it. The game pampers you with an innumerable amount of opportunities to just go ham on the enemies and blast down everything in sight.

40人の軍隊:XNUMX日目-武器ロッカー

Gears Of Warの模倣

戦闘は、他の第三者からの標準的な料金の罠で構成されています 戦争の歯車 クローン。 走ったり、壁で包んだり、腰の高さのバリケードを飛び越えたり、ブラインドファイア、精密照準、狙撃、近接攻撃の敵をしたり、十分に近づいたら掴んだりできます。

私が戦闘力学に不満を持っていた場合、グレネードランチャーや吊り下げショットガンなどのライフルの二次機能を使用するには、トライアングルで武器ホイールを引き上げ、次に武器の方向パッドを引き上げる必要がありました。 XNUMX番目の機能をオンまたはオフにします。 これは、他のゲーム、特に次のようなゲームと比較して、非常に面倒な実装でした。 悪い会社2 where you just tapped the digital pad to switch to a weapon’s secondary function.

わずかに分離するのに役立ちます 2の軍 他のサードパーソンシューティングゲームの場合、アグロメーターのようなものがあり、プレーヤーは敵に発砲して注意を引くことでアグロを吸収できます。 これは、XNUMX番目のプレーヤーが敵の後ろに忍び込んだり、側面から敵を側面攻撃したりするのに役立ちます。 aggroメーターは、メーターとして、またaggroで「熱い」プレーヤーの炎のような効果として、またはaggroを持たないプレーヤーのゴーストのようなガーゼとして視覚化されます。

40人の軍隊:XNUMX日目-潜入

The player without aggro is given opportunities to sneak around and perform stealth kills, which works especially well if you’re outfitted with a silenced weapon. You can also sometimes pretend to surrender, and quick-draw on an enemy if they get too close. Alternatively, if you have too much aggro, you can feign your death by tapping the left and right bumpers together, which will force the attention of the enemy toward the other player, which works well if you’re about to die and you need to get the heat off of you.

On the subject of weapons… the game has several handfuls worth of guns and explosive weaponry to choose from, but the overall offerings are a lot slimmer than I was expecting.

For instance, there are only three pistols in the game, a G18, Type 77, and the Desert Eagle. No revolvers, no 9mm Beretta, no FN-Seven, no .45 pistols or 1911 variations. It’s disheartening to say the least.

40人の軍隊:XNUMX日目-Tacky

武器のカスタマイズ

 

スパースウェポンキャッシュの理由は、アートアセットをすべて再利用したためです。 陸軍2:40thの日 ゼロから。 リオスとセーラムがすべての新しいモデル(およびはるかに優れた声優)を獲得しただけでなく、すべての武器も同様にやり直されました。 わずかXNUMX年間という短いターンアラウンドの開発サイクルで、チームがゲームの計画を立てていたものの多くを削減するためにスクランブルをかけたと思います。新しいアセットをゼロから始めることは、まったく新しいゲームを最初から作るのとほとんど同じです。 -アップ。

上部では、基本的なミリタリーカモカバーから水玉模様やシマウマのパターンに至るまで、ほとんどの恐ろしい模様の幅広いキャッシュとともに、各ピストルにさまざまなサイレンサーや銃口の修正を装備できます。 デザインは元のデザインよりも多様です 2の軍, but they’re nowhere near as cool looking. For instance, they lack the special engravings or specially customized grips from the previous game, leaving the gun patterns feeling bland and uninspired in the sequel.

装備には、主に、主武器、副武器(ピストル)、特殊武器の7つのカテゴリがあります。 特殊な武器には、RPG-XNUMXやMKグレネードランチャーなどの狙撃ライフルや爆発兵器、またはXNUMXつの異なる狙撃ライフルがあります。

アーミーオブツー:40日目-アリスは作れませんでした

The special weapons don’t offer as many customization options as the other primary weapons, but they’re useful for moments in the game where you take on special enemy units such as heavily armored shotgunners, grenadiers, mini-gun mercs, or flamethrower foes.

主な武器は、あなたの時間の肉が武器のカスタマイズに費やされる場所です。 チャプターを完了するか、レベル全体に散りばめられた武器図を入手することによって、ロックを解除するすべての新しい武器は、通常、その部分をカスタマイズsmorgasbordに追加します。 したがって、M4のロックを解除すると、ストック、バレル、レシーバー、マズルを含むすべてのM4パーツを入手できます。

This is probably the only area in the weapon categories that’s an improvement over the first game, since unlocking new weapon parts in the original 2の軍 他のタイプの銃と交換可能に使用することはできませんでした。

40人の軍隊:XNUMX日目-ロシア

余裕がある場合は、メニューから武器を購入することもできます。

Each weapon and weapon part has its own stats, so you can mix and match parts to create the kind of weapon that best suits your play-style. So if you like close-range combat you can focus on decking out a shotgun that’s powerful but doesn’t have good handling. Alternatively you can alter an AK-47 so that it has long-range, high-damage capabilities by outfitting it with a long barrel, a hardy silencer, a scope, and a stock to reduce recoil.

The part options are somewhat varied, but the main issue is that most of the customization parts are limited per weapon category, and the weapon categories aren’t very extensive. So, for instance, all shotgun parts can only be used with shotguns, or all rifle parts can only be used with rifles, or SMG parts are relegated to SMGs.

A couple of parts can be inter-exchanged regardless of the category, but mostly it’s just for stocks and silencers.

40人の軍隊:XNUMX日目-沈黙

武器の多様性の欠如

If there were more weapons and weapon categories I think the customization would have been a lot more addictive, but by the time you make it through your second playthrough you’ll realize that there’s just not much more to the customization and the limited selection of weapons really hampers what otherwise was a pretty cool feature. Having a handful of weapons per category meant that most times you’re going to stick with what works, and for close-range encounters the AA-12 is always going to be your best bet… when it isn’t crashing the game.

先ほど、12回目のプレイスルー中にゲームがハングアップすることを述べました。 これは数回発生し、AA-XNUMXショットガンを使用した場合にのみ発生しました。 最初は、セーラムとリオスが背中合わせのセグメントを行わなければならないときでした。彼らは敵の兵士たちを、アジアの巨乳ハンドラーであるアリスによってクレーンに降ろされている間、食い止めました。

ゲームがフリーズした12番目の時間は、ゲーマーがゲームで最終的な選択をする直前に、ジョナがスピーチを行っていた最後のカットシーンでした。 AA-XNUMXなしでセグメントを再生した後、問題はなく、ゲームは正常に動作しました。

40人の軍隊:XNUMX日目-ヨナ

フレームレートとフリーズ

私はいくつかをチェックアウトしました プレイステーション forums online and found out that others had the exact same problem as I did, and in similar parts as well. They didn’t say what weapon they were using when the game froze, but just a heads-up: you probably don’t want to use the AA-12 during the crane section or during the final area before Rios and Salem meet Jonah. I don’t know exactly what the problem is but apparently the PS3 ran into some memory issues with that gun?

EAがそのような大きなバグを修正せずにゲームを成功させるのは奇妙に思えます。

アーミーオブツー:40日目-ザモール

それでも、PS3全体のゲームのパフォーマンスは、特に港と寺院での最後のXNUMXつのチャプターの間は、かなり貧弱です。

港はある程度許容されますが、ゲームは頻繁に毎秒30フレームを下回ります。 遊んだ後でゲームをしたので、ハーデスで何らかの拷問を受けたような バトルフィールド:バッドカンパニー2 on PCのロック解除されたフレームレート 悪い会社2 MXAAが4倍になっているため、ゲームはぱりっとした見た目で、温かいナイフのようにスムーズにバターを通過します。 陸軍2:40thの日 一方、ほとんどの場合、毎秒30フレームを維持することはほとんどできず、テンプルステージでは、フレームが20代後半に低下するだけでなく、入力レイテンシにも影響するため、ほとんど耐えられなくなり、シュートアウトをはるかに困難にしました。そうでなければ、FPSが戦車に積まれていなかったでしょう。

40人の軍隊:XNUMX日目-港

しかし、これは当時の一般的な問題でした。 360、特にPS3ゲームは30fpsを維持することはめったにありません。そのため、Xbox Oneおよび PS4 era developers would sacrifice 60fps for a 30fps hard-lock, which would at least guarantee that the games didn’t drop any lower than 30fps as opposed to bouncing back and forth between 30fps and maybe 45fps or 50fps. While I’m no fan of the peasant frame-rates, I’ll take a 30fps hard-lock any day over the stuttering mess of a game that drops down below standard silver-screen FPS.

これがオープンワールドのゲームだったら、フレームレートの問題にはもっと寛容だったと思いますが、 陸軍2:40thの日 is an extremely linear Unreal Engine 3-powered game. Most of the shootouts take place in crowded streets, cluttered intersections, or tight corridors. This leads me to believe that development cycle near the end of the game was cut short and the team didn’t have time to properly optimize the temple stage on the PS3.

40人の軍隊:XNUMX日目-寺院

まともな敵AI

Although, on the up and up, I do have to give props to the AI pathfinding engineers for making sure that the enemy is aggressive and forthright with taking the initiative to flush out and kill the player. They also are willing to lay down suppression fire and run out and grab a downed enemy if they’ve been injured.

While injured, enemies can still dish out enemies to the player-characters, and vice versa. If a player is downed they can also still shoot at enemies using a pistol as a last ditch effort while waiting to be healed or while bleeding out. If a downed player is not healed before they bleed out, then it’s game over and you’ll have to restart from the last checkpoint.

This forces players to have to use some measure of teamwork and watch each other’s backs while trekking through the war-torn streets and buildings of Shanghai.

アーミーオブツー:40日目-リトルヘルプ

救助への分割画面

There’s also a versus mode where you can play against other players online, or an Extraction bonus mode that works as a Horde mode of sorts, but good luck finding people still playing a decade old game like this online.

全体的に思った 陸軍2:40thの日 was okay. Would I play it again? It’s a toss-up. I still prefer 戦争2の歯車 決定的な生協キャンペーン体験として。 私の最大の不満 Army of Two’s story was that the motivations of Jonah aren’t made clear until the very end of the game, so your main motivation for engaging the enemy and playing through the game is just to get out of Shanghai.

The story gains practically zero coherence or cohesion until the last stage, which made the whole thing seem like a huge waste. Also, Jonah’s reasoning for launching an attack on Shanghai is pretty shallow. If he were a pawn for a much more sinister enemy bankrolling the 40th Day it may have made the story more compelling, but overall I was left scratching my head trying to figure out where Jonah got all his funding from and why Shanghai specifically?

アーミーオブツー:40日目-包囲網上海

Anyway, despite the game’s flaws, it’s still leagues better than any of the AAA tripe we get these days. Rios and Salem are hardened tough guys not afraid to make the hard choices. They look like through-and-through badasses and have the personalities to match. The banter between the two throughout the game is fun and jocular, even though the overall story was rather lacking. The weapon selection is cool, despite being sparse, there’s classic unlockable チート and a couple of alternate costumes for the heroes, too. It’s the sort of game you might play with a buddy over a weekend with a few beers.

評決:

TryIt2