スクウェア・エニックス、デビルメイクライ5デザイナーの鈴木涼太を採用して新しいアクションプロジェクトに取り組む

スクウェア・エニックスは アメリカの裏切り者リスト、同社はカプコンの開発者を雇って新しい「アクションプロジェクト」を生み出すことで、ゲームのポートフォリオを拡大することを計画しています。 新しいプロジェクトは デビルメイクライ5's デザイナー鈴木涼太。

鈴木さんのゲームのいずれかをプレイしたことがない場合は、おそらく彼の1998つ以上のタイトルを聞いたことがあるでしょう。 鈴木のポートフォリオの一部は、XNUMX年以来ゲーム業界で(主にプランナー/デザイナーとして)働いており、視聴者の喜びのために以下にあります。

  • ジョジョの奇妙な冒険 —プランナー(1999)
  • マッチングサービスの吸血鬼クロニクル —プランナー(2000)
  • プロジェクト正義 - プランナー(2000)
  • 驚異対 カプコン2 —プランナー(2000)
  • カプコン対SNKプロ —プランナー(2000)
  • カプコンvs.SNK —プランナー(2000)
  • カプコンvs. SNK 2:ミレニアムマーク —プランナー(2001)
  • ハイパーストリートファイターII:アニバーサリーエディション —プランナー(2003)
  • ヴァンパイア:ダークストーカーズコレクション —プランナー(2005)
  • 鬼武者:夢の夜明け —フィー​​ルドバトルプランナー(2006)
  • デビルメイクライ4 —プランナー(2008)
  • 究極の驚異対カプコン3 —エフェクトデザイナー(2011)
  • ドラゴンの教義 —ゲームプレイプレーヤーリード(2012)
  • ドラゴンのドグマ:ダークアリーセン —ゲームデザインリーダー(2016)
  • デビルメイクライ5 —デザイナー(2019)

鈴木がゲーム業界で何に貢献したかがわかったところで、スクウェア・エニックスはウェブサイトに従って彼と一緒にアクションプロジェクトを作りたいと思っています videogameschronicle.com.

サイトは鈴木が新しい「トリプルA」タイトルの「バトルディレクター」として振る舞うと記している。 このサイトでは、より近代的なRPGにアクション要素が組み込まれていると述べ、RPGのアクション要素が「ますます必要になる」と考えています。

上記に加えて、スズキはまた、ターンベースの「コマンドバトル」ゲームは「オールドスタイル」と考えられることが多いと考えており、ファーストパーソンシューティングで育った若いプレイヤーは、「静的な方法」を楽しむことができないかもしれないと示唆しています。

最後に、スズキがスクウェア・エニックスの潜在的な応募者に「RPGとアクションの両方でトップを目指す」と言っていることを引用しながら、サイトは終了します。

とはいえ、鈴木がバトルディレクターを務めるスクウェア・エニックスのアクションゲームをご覧になりませんか?