コナミのパブリッシングブランチはサードパーティのゲームなどをパブリッシュしたいと考えています

コナミがモバイルゲームやパチンコゲームに移行したと言っても間違いありません。 ただし、同社は、サードパーティまたはインディー、ダブルA、トリプルAに及ぶ新しいゲームの公開を支援する新しいブランチを公開スペースに入れたいと考えています。

Website mcvuk.com コナミのリチャードジョーンズ(シニアブランドおよびビジネス開発マネージャー)に追いつき、新しくオープンした出版部門について尋ねることができました。 同社の現在の計画に関するジョーンズの対応は以下のとおりです。

「私たちは、さまざまな規模の刺激的で革新的なタイトルを探しています。 そして、私たちはこの新しいプログラムに本当に興奮しています。 私たちがどこへ向かっているのかを皆に示すのが待ちきれません。」

ジョーンズは続けます:

「このプログラムの主な目的は、当社のポートフォリオを大量に増やすことです。 そして、それは刺激的で多様なゲーム、特に西部の市場もターゲットにしているゲームでそれをまとめることです。

アイデアはポートフォリオを多様化することです。 したがって、ある時点で最大ダブルA以上のすべてのサイズの外部スタジオで作業することを検討しています。」

つまり、コナミのパブリッシングブランチは、そのブランチに関連するゲームと開発者のポートフォリオの拡大に焦点を当てたいと考えています。 それにもかかわらず、これには、「エキサイティングで多様なゲーム」との連携、および「西部市場」を対象とすることが含まれます。

さらに、ジョーンズ氏は、コナミの出版部門が日本で行われている可能性のあるあらゆる業務を支援すると述べています。 つまり、コナミのゲームが日本でリリースされた場合、この新しい出版部門は日本国外での配布を支援することができます。

「私たちは日本で起こっていることを補完することを目指しています。 したがって、日本の開発チームはコナミIPに取り組んでいます。 そして、私たちはそれらのタイトルを公開し続けます。 そして、このプログラムが提供するもののアイデアは、コナミヨーロッパでの私たちにとって、そしてアメリカの私の同僚にとっても、補完的なタイトルを見つけることです。」

ジョーンズはまた、コナミが日本とアジアの市場に依存することで成功を収めていることにも言及しています。

「コナミが得意とするもうXNUMXつの分野は、日本市場への道です。 コナミヨーロッパで働いている間、ヨーロッパ市場向けの製品を探しています。 特定のスタジオにとって興味深いかもしれない興味深い分野のXNUMXつは、日本とアジアの市場に戻るルートです。」

その計画の他に、コナミは「あらゆる規模のスタジオに素晴らしいサービス」を提供したいと考えています。 コナミが会社と提携したい人々に「素晴らしいサービス」を提供することをどのように計画しているかを説明するジョーンズの抜粋は以下のとおりです。

「私たちは、あらゆる規模のスタジオに優れたサービスを提供しているパブリッシャーがたくさんいることを知っています。 しかし、私たちは、特定の開発者にぴったりの人々をもたらすことができる強力な製品を提供していると信じています。

ジョーンズ氏は後に、コナミの出版部門が他の出版社と同様に従来のサポートを開発者に提供できると述べています。 これは、会社が国際チームに「専門知識」を提供して、マーケティング、PR、販売、流通、およびQA、ローカリゼーション、年齢評価、サードパーティとの関係などの開発サービスを処理する立場にあることを意味します。

「開発者は、必ずしも社内で出版の役割を担う能力を備えているわけではありません。 そのため、パブリッシャールートに関心のあるスタジオに、彼らが必要とするサポートを提供できる立場にあります。専門家と国際チームが、彼らが望まない、または彼らが望まないタスクを処理できるようにしています。 、そのための能力を持っている:マーケティング、PR、販売、配布、およびQA、ローカリゼーション、年齢評価、サードパーティとの関係などの開発サービス。 だから伝統的に出版社がもたらすもの。

そして、開発者が前向きで中心になることを望んでいることで、彼らが好きなことをすることを許可し、ゲームを作ることで彼らが最も得意なことをすることを許可したいのです。市場に行く部分。」

最後に、コナミはインタビューの中で、新しいサードパーティの出版部門のおかげで「コンソールとPC市場に戻ってきた」と主張しています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。