Tencentは現在、Marvelousの20%の株式を所有しています

同社がコジマプロダクションの創設メンバーである今泉健一郎を雇った後、 ヘイロー4 リードデザイナーのスコットワーナー、Tencentは物事を動かしています その米国支店と一緒に —カリフォルニア州パロアルトに本拠を置く—ブロックバスターゲームを作り出すことで、西部のゲーマーを裁くため。 今のところ、 ノーモアヒーローズ3 出版社はテンセントとの業務提携を開始しました。

ご存じない場合は、Marvelousはパブリッシャーおよび開発者です。 同社はそのような多くのゲームに取り組んできました 閃乱カグラ - 少女達の真影 - ゲーム、 スカルガールズ, ゴッドイーター3, Fate / Extra, デーモンXマキナ。

まあ、あたり ブルームバーグ・ドットコムTencentはMarvelousの20%の株式を購入し、出版サイトによると、「Tencent自体がユーザーに提供できるコンテンツを強化し、ゲームフランチャイズを開発するための資本」によると、より小さな会社を与えています。 TencentとMarvelousの間の取り引きに関するアウトレットからの言葉は次のとおりです。

「中国最大のゲーム会社は、関連会社のImage Frame Investmentを通じて、同社の株を購入するために約7億円(65万ドル)を費やす予定だと、日本のゲームメーカーは声明で述べた。 マーベラスは新株8.62万株を576株2.83円で売却し、株主のアミューズキャピタルと中山駿はそれぞれ708,600万株とXNUMX株を同じ価格で売却する。

ウェブサイトはまた、問題の資金を使用して「既存のゲームフランチャイズを構築し、今後XNUMX年間で新しいフランチャイズを立ち上げる」という素晴らしい計画についても言及しています。 マーベラスの現役タイトルの現在のパイプラインには、 四季の物語 デーモンXマキナ.

以上のことを踏まえると、アジアで800番目に市場価値の高い企業であるTencentは、2020以上のスタジオに依存しています。 XNUMX年の時点でTencentが出資している既知の企業の現在のリストは次のとおりです。

  • ライオットゲーム - 100%
  • シャークモブ - 100%
  • スーパーセル - 84.3%
  • ギアのゲームを研削 - 80%
  • エピック·ゲームズ - 40%
  • ファットシャーク - 36%
  • Stunlockスタジオ - 31%
  • Funcom - 29%
  • 素晴らしい - 20%
  • Kakao - 13.5%
  • Bluehole - 11.5%
  • 相撲グループと相撲デジタル - 10%
  • フロンティアの発展 - 9%
  • ユービーアイソフト - 5%
  • アクティビジョンブリザード - 5%
  • パラドックスインタラクティブ - 5%
  • イェガー –?%

上記のように、Tencentは多くの有名な会社に関与しています。 それにもかかわらず、RedditやDiscordなどの他の人気のあるサービスもTencentから資金提供を受けています。

  • Redditに – 150年初頭にTencentから2019億2020万ドルの投資を受けました(XNUMX年の支払いは不明)
  • 不和 – Tencentから158年に2018億2019万ドルの資金を受け取りました(2020年とXNUMX年の支払いは不明です)

これはTencentのアジェンダの始まりに過ぎないと私は確信しています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。