社会正義の戦士たちはピカールを故意に台無しにしたことを認めている

悲しいかな、穏健派や中央集権者と文化戦争について話し合おうとすることには、ある程度の無益さがあります。tm。。 どれだけの歴史的文脈や証拠を提示しても、文化的制度を破壊しようとする左派の悪意の主張を裏付ける事実、推論、または証拠を問わず、それは間違いです。

あなたが完全に間違っていなくても、なぜそれが重要なのかという疑問が常にありますか? 「結局、変化は正しいです。 懐かしさのためにあなたはただそれを憎みます。」 それから、財産は死に、非常に無関心であり、あまりにも有益で望ましいと称賛されたのと同じ進歩主義によってもたらされた関連性の欠如に首を絞められました。 その時点で、大衆は「誰も気にしない、とにかくその番組が好きな人はいない」と侮辱するだけです。 私たちは、ファン、オタク、オタク、ウィーブ、これらの大切な組織を愛していました。 私たちはそれらに、逃避、インスピレーション、文化、共通点を見つけました。 彼らは多くの人々の生活に重要な役割を果たしました。

彼らが本物でないことは私たちには関係ありませんでした。 これらのショーは私たちに冒険を与えました。 彼らは私たちに、おそらく集団として、私たちが今あるものよりも優れているかもしれないという希望を与えました。 そのより高いアイデアは重要であり、努力する価値があります。それが生きているということです。 消費者に酔っているイナゴの疫病のように消費するのではなく、より大きなものを目指しています。

そして、それがすべて終わったとき。 施設が廃墟となったため、あなたを悼んでいるファンは「それはずっと私たちの計画でした!」 宣言。 もちろん、メッセージは常に単純で直接的ではありませんが、左側にはコミュニティの存在を正当化するためにコミュニティの検証が必要なため、そこに表示されます。 彼らはより広いコミュニティが彼らが原因のためにこれをしたことを知る必要があり、そして今私たちは ドゥームコック そして、他の多くの人は、これはピカールとの最初から彼らの意図であると言いました。

遠く離れた非難からではなく、トレックの口から直接、 スタートレックドットコム.

2020年には、表現と包含は多様性と同じくらい、またはそれ以上ではなく重要性を持っています。 自分の特権を認めずに、疎外された人々の同盟国であると主張することは、中空に感じられます。 ピカルドの作家と俳優の集団は、これらすべてに傾いています—犬のナンバーワンでさえ、疎外されたコミュニティを表しています—異なる人々との関係で力と特権がどのように発揮されるかを探る多層的な物語を提供しています。

「彼らがシンセティックスストーリーラインを選んだ理由のXNUMXつは、それが他者についてであるからです」と、アフリカ系アメリカ人のコミュニケーション教授であり、Hailing Frequencies Open:Communication in Star Trek:The Next Generationの著者である、Thomas Parham III博士は理論付けています。 「それはすべて他のものについてです。」

TNGはピカード船長を、クリンゴンからアンドロイドまで、周縁化されたグループの同盟国として位置づけましたが、ピカードは彼に、宇宙艦隊ランクの高い体の男性アースリングとしてさまざまなシリーズを通して楽しんだ特権を確認するように要求します。

ショーランナーは何から始めますか? 他の人のお金で彼らのショーを支払った中心的な概念は何でしたか?

ピカードはもはや関係ありません

残りは、お粗末な文章のシステムに要約され、貧しい世界の構築は深いです。 これは、ロミュランには人々を救う艦隊がなく、連盟も持っていなかったと述べたのと同じ人々から来ています。 その後、最終的なエピソードで、救出を実行するのに十分な規模の艦隊がいることを明らかにします。 次に、ロミュランは、合成生命がすべての生物学的生命を消滅させるであろう神のような機械を召喚すると信じているための大物です。 デモに進む前に、それがまさに何が起こるかです。

非常に悪いショーで、契約の右と左を統合して、 保護者: スタートレック:ピカード 誰も望んでいないところに大胆に行くダークリブートです