東京ゲームショウ2020がコロナウイルスの懸念によりデジタルショーとして開催される

東京ゲームショウ2020は、幕張メッセセンターで24月XNUMX日にキックオフするために最初に設定されました。 ただし、コロナウイルスのため、大会の物理的な部分はキャンセルされ、デジタルイベントとしてオンラインで開催されます。

ほんの少し前に、コンピュータエンターテイメントサプライヤーアソシエーション(CESA)、日経、電通などの主催者が、今年の東京ゲームショーの物理的な部分のキャンセルを発表しました。

パンデミックが続いているために日本で出されている現在の措置を考えると、上記のどれも驚くべきことではありません。 とはいえ、公式プレスリリースは expo.nikkeibp.co.jp:

プレスリリース8年2020月2020日TOKYO GAME SHOW 19は、COVID-XNUMXの拡散を防ぐための物理的なイベント形式をキャンセルしましたが、オンラインでの開催を計画しています

2020年24月27日から2020日まで開催予定の東京ゲームショウ2020がオンラインで開催される予定です。 幕張メッセで開催されるTGS2020は中止となります。 TGS XNUMXは、コンピュータエンターテインメントサプライヤ協会(CESA、会長:早川秀樹)が主催し、日経BP(社長兼CEO:吉田直人)と電通(代表取締役:五十嵐宏)が共催しています。

地球規模での新規コロナウイルス(COVID-19)の発生により、日本でも予測できない状況が続いているため、主催者と共同主催者は、健康と訪問者、出展者、利害関係者の安全。 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

必要に応じて、公式WebサイトとXNUMX月下旬のプレスリリースで詳細情報が発表されます。

21年2020月XNUMX日、CESAは「次世代の新しいゲームコンソール」と「クラウドゲームの立ち上げ」に焦点を当てるとの書簡を発表しました。

上記に加えて、主催者は今年のショーが「商用利用のための5Gサービスの開始」と5Gの「利点」に触れることにも注意します。

現在のところ、今後のデジタルゲームイベントの計画を発表している大手企業はありません。それが実現するまでに数か月の月日があるため、それは予想されるはずです。

一方、東京ゲームショウ2020は今年の後半にキックオフする予定です。 このイベントの詳細については、 expo.nikkeibp.co.jp.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。