日本は木村ハナの死をきっかけにネットいじめ法を拡大したい

花自殺

日本の政治家は、日本人女性レスラー木村花の死去に続くネットいじめに関連する彼らの法律を拡大しようとしています。 その理由は、レスリングのスーパースターが、日本のリアリティテレビ番組で彼女の外見と振る舞いを批判された後、自殺したとする報告がいくつかあったためです。 テラスハウス; 木村の自殺のニュースに続いてキャンセルされた番組。

による ヤフーニュース、通信大臣の高市早苗氏は、年末までに法案を成立させ、出す計画があると述べた…

「オンラインでの虐待を抑制し、被害者を救うために、送信者に関する情報を開示するための手順を適切に実装する必要があります。」

議会拡張の目的は、「サイバーいじめ」に分類された人々を特定し、ネットいじめの存在を減らすことです。

これには、ネットいじめで告発されたユーザーの実名(本名、番号、連絡先情報など)をソーシャルネットワークが引き継ぐことも含まれます。 これは、Facebook、Twitter、およびLineというサービスの日本の表現に適用されます。

心配しているのは、この措置がYahoo!とともに日本のさまざまな政党全体で支持を得ているようだということです。 ニュース説明…

「(高一の)発言は、与党自民党の国会議員(森)ヒロシと野党憲法民主党の安住純氏の会談に続いて行われた。 彼らはこの問題について議会での議論の方法を明確にすることに同意した。」

当初から、これは政治家から権力を奪い、ユーザーのプライバシーをさらに侵害し、一般の人々の自由を奪うように見えます。

記事は政治家がユーザーのプライバシーに侵入することではなかったと述べたと述べていますが、この措置-それが実現した場合-は政治家がユーザーのプライバシーに侵入する方法のように見えます。

今のところ対策は交渉中ですが、今年後半にネットいじめを防止するための法案を進めるかどうかを確認します。

それでも、「ネットいじめ」などの重要でないことに対する最善の解決策は、コンピュータの電源を切ることです。

(ニュースヒントInquisitorDustに感謝します)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。