今泉健が児島プロダクションを去り、テンセントに入社

27年2019月XNUMX日、小島プロダクションを去った今泉健一郎(通称ケン)について報告しました。 今泉が会社を辞める理由は今のところ不明ですが、投資機会を特定し、WeChatを拡大することにより、中国の大企業がヨーロッパでの事業をさらに進めるのを支援するためにテンセントと協力しました。

今泉は紛争をめぐって児島プロダクションを去り、児島のスタジオで他の監督と目を合わせなかったという噂があります。 噂はまだ検証されていないが、今泉は複数の出版サイトが彼に連絡を取ろうとするときでさえ、彼の出発について詳しく述べることを拒否する。

そして今泉といえば出版サイト、ウェブサイト videogameschronicle.com 彼はテンセントとチームを組むために児島プロダクションを去ったと記している。

前述のとおり、今泉はテンセントヨーロッパに参加しました。 オランダのアムステルダムを拠点とする今泉は、WeChatの存在感を高めながら、この地域での投資機会を認識することを任されています。

Webサイトによると、Tencentはアジアで490番目に大きな市場価値(800億ドル)の企業であり、2020社以上の企業に投資しています。 XNUMX年の時点でTencentが出資している既知の企業の現在のリストは次のとおりです。

  • ライオットゲーム - 100%
  • シャークモブ - 100%
  • スーパーセル - 84.3%
  • ギアのゲームを研削 - 80%
  • エピック·ゲームズ - 40%
  • ファットシャーク - 36%
  • Stunlockスタジオ - 31%
  • Funcom - 29%
  • Kakao - 13.5%
  • Bluehole - 11.5%
  • 相撲グループと相撲デジタル - 10%
  • フロンティアの発展 - 9%
  • ユービーアイソフト - 5%
  • アクティビジョンブリザード - 5%
  • パラドックスインタラクティブ - 5%
  • イェガー –?%

また、今泉が取り組んできたタイトルは、 メタルギアソリッド 以降のタイトル メタルギアソリッド2:Sons of Liberty。 さらに、彼はまたのためのプロデューサーでした メタルギアソリッド4:パトリオットの銃, メタルギアライジング:Revengeanceをおよび メタルギアソリッドV:幻肢痛.

今泉は児島プロダクションから離れる前は、さまざまな集まりに登場し、児島プロダクションの公開イベントやソーシャルメディアで共通の顔をしていた。 しかし、彼が会社を去る直前、彼は小島秀夫のプロモーションワールドツアーには出演しなかった。 死座礁.

今泉が児島プロダクションの監督と目を合わせることができなかったかどうかは不明ですが、確かに今はテンセントで働いているということです。