カプコン、開発者にCOVID-19により自宅で仕事をするように指示

当年リメイク後のリメイク バイオハザード3常駐 公共の消費については、COVID-19が原因で太陽が昇っている土地がたまたま下にあるという状況を考えると、カプコンは通常どおりコンテンツを開発できないようです。

安倍晋三首相が緊急事態の通知を出した後、カプコンの開発者は東京の大阪事務所からではなく自宅から働きます。

とはいえ gamesindustry.biz カプコンが在宅勤務に開発者を実装したことから、その場所から勤務する政府の命令はありませんでした。

言い換えれば、XNUMXつの県で非常事態が発生している場合、企業は在宅勤務をする必要はありませんが、企業は今後もそうすることを強く推奨しています。

カプコンは、6年2020月XNUMX日までこの措置を促進します。

カプコンと大阪の問題に関して、在宅勤務計画が開発に影響を与えるかどうかは不明である バイオハザード4リメイク カプコンとエムツーのオフィスは大阪にあるので。

からの新しい記事によると videogameschronicle.com、2005年のゲームの噂のリメイクについての詳細をウェブサイトが詳しく述べ、それを報告している バイオハザード4リメイク XNUMX番目とXNUMX番目のリメイクよりも大きなチームがあります。

ウェブサイトはまた、概念化と開発について バイオハザード4リメイク 2018年に始まりました。しかし、M-Twoは バイオハザード3リメイク ゲームが「一般的に低いレビュースコア」を受け取った後、 バイオハザード2リメイク.

M-Twoが バイオハザード3リメイク家にいる間のフィードバック、何が来るかは不明です バイオハザード4リメイク 打ち上げ時。 ただし、2005年のゲームのリメイクが2022年にいつか行われることを考えると、それが表示されるまでには長い時間がかかります。

最後に、カプコンが従業員の間でCOVID-19の症例を確認した後、同社はウイルスがさらに広がるのを防ぐために行動を起こそうとしています。つまり、在宅勤務です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。