日本、製造業を日本または中国外に移転するための基金を設立

日本が経済生産の面で米国に匹敵する経済大国だった時代がありました。 これは、テクノロジーと製造セクターの両方が、日本経済を牽引する活気に満ちた効率的な産業を生み出したことが原因です。 さまざまな日本の独自の社会的および企業的構造と組み合わせると、80年代に世界の他の国々が真似を急いでいた強大な経済を生み出しました。 その後、70年代に始まったバブル経済を生み出した経済政策の結果、すべてが破綻しました。

それ以来、日本の中央銀行はバブル経済を生み出したのと同じ政策で何度も何度も何度も何度もダウンしてきましたが、中央政府は彼らの業界の大部分が中国で製品を製造することを許可しました。 米国と同じように、日本の金融および企業エリートは、国とその国民が苦労して、より大きな利益率のために日本を売り払おうと熱望していました。

ある時点で政府は日本経済が直面している実際の問題に取り組むことを検討するだろうと思うかもしれませんが、コロナウイルスの大流行が中国からの輸入品を破壊するまで、 ブルームバーグ、これはそうではありませんでした。

日本政府は、製造業を日本に戻すプロセスを行っている企業を支援するために、2億ドルの景気刺激策を設定している問題を改善するためにも、 ブルームバーグ。 さらに23.5億ドルは、少なくとも企業が中国から工場を移転するのを助けることを目的としています。

この動きは、日本経済の力を強化するための対策ではなく、ロックダウン後の中国からの輸入が14%減少した後のことです。 両国がお互いに敵対的な関係を持ち続けているので、この問題が存在したとしても驚異的です。 米国が企業にイランまたは北朝鮮へのオフショア製造を許可した場合を想像してみてください。 せいぜいそれは国民の完全な裏切り、ひどい過失の行為です。

地域の緊張が高まる中、日本は、冷戦や熱戦ではなく、疫病の結果としてのグローバリズムのリスクに目覚めたことを幸運であると考えるべきです。 彼らの経済が60年代から80年代までそれを経済の大国にしたまさにその要素を返すことで、私たちは日本で次の経済ブームの始まりを目撃することができました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。