ファイナルファンタジーVIIリメイクパート2の開発はすでに進行中であると報告

あなたが知らない場合、上の最近のインタビューを強調する新しいレポート ファイナルファンタジーVIIのリメイク そして、その第二部はアップです。 XNUMX番目の部分には現時点でリリース日はありませんが、問題の記事には、XNUMX番目の記事の開発が既に進行中であることが記載されています。

それが約であるかどうか 倫理部門 全部出るか ファイナルファンタジーVIIのリメイク'送信 ネットから除外されているため、スクウェア・エニックスは、過去が何らかの兆候を持っている場合、XNUMX回目の分割払いで今年度の方法を継続するようです。

そして、JRPGの第二部と過去のトピックについて、ウェブサイト gamingbolt.com そのパートXNUMX ファイナルファンタジーVIIのリメイク 現在開発中です。

上記に加えて、ウェブサイトは言及します ファイナルファンタジーVIIのリメイクのプロデューサーである北瀬良典が、エンターテインメントウィークリーに次の作品の制作について語ります。

「開発はすでに次のゲームの[最終的なファンタジー]プロジェクトをリメイクしてください。」

2年2020月XNUMX日に戻って、北瀬は別のインタビューで同じことを提案しました、スクウェア・エニックスは最初の部分が利用可能になったらすぐに次のゲームで生産に入ると言った。

さらに、プロジェクトの各ゲーム(またはパーツ)には、「スタンドアロン 最終的なファンタジー 題名。"

のパートXNUMXかどうかは不明です ファイナルファンタジーVIIのリメイク XNUMX枚のディスクにあるか、それが PS4/PS5 (時限)独占的ですが、第XNUMX部について確実なのは、今年XNUMX月の決算説明会で、スクウェア・エニックスの松田洋介社長が ファイナルファンタジーVIIのリメイクの遅れは、フォローアップゲームの開発には影響しません。

最後に、KiaseはE3 2019の間に、最初のゲームが一般にリリースされた後、2021回目の分割払いでの作業が容易になると述べました。 そのメモでは、最初の部分は完成しました。つまり、XNUMX年のいつか、XNUMX番目の部分について詳しく聞く可能性があります。コロナウイルスが侵入せず、合併症を引き起こさないと想定しています。