War of Ashird、アニメスタイルのSRPGがKickstarterに向かう

アシャードの戦争

日本の服のIgrasil StudioとKumiho Softは、新しいターン制戦略ゲームと呼ばれる アシャードの戦争。 Igrasilが最近コンテンツをまとめたため、 血まみれのクロニクル、彼らはゲームを作るために別のアプローチを取ることを決め、ビジュアルノベルのジャンルから離れて古典的なTBSスペクトルに乗り換えました。

彼らの新しいプロジェクトは現在、翌月の資金を集めているKickstarterで資金を探しています。 彼らは現在、プロジェクトを完了するために約$ 82,000を求めており、17,000日のクラウドファンディングの後、彼らはすでに$ XNUMXを獲得しています。

この記事の執筆時点で、彼らはまだ資金の88%を残していますが、キャンペーンにXNUMXか月残っているので、プロジェクトが十分な注目を集めれば目標を達成できるはずです。

だから何だ アシャードの戦争? まあ、それは古代の悪魔の王が土地を引き継ぐことを求めている間、生存のために戦っているXNUMXつの王国についてです...再び。

残念ながら、実際のゲームプレイはトレーラーに表示されていなかったため、どのような設定かわかりません アシャードの戦争 SRPGとして採用されます。 のようになります アドバンスト・ウォーズ? のようになります バフムットラグーン? それは似ていますか タクティクスオウガ? 最初の二つ 放射性降下物 ゲーム? メイドの旗? それともまったく違うものになるのでしょうか?

彼らは戦いのコンセプトのスクリーンショットをいくつか提供していますが、それは3D戦場で行われます。 次のような複数のレベルがあるかどうかはわかりません ファイナルファンタジー:戦術、しかし彼らはボスの戦いと専門的な出会いはあなたのパーティーメンバーのたったXNUMX人に限定され、それはに似たより伝統的なJRPGのようにプレーすることに注意している ペルソナ または古いです 最終的なファンタジー タイトル。

パーティーでは一度に最大30人のチームメイトが参加でき、20の町に広がる合計XNUMX人までのプレイアブルキャラクターを募集できると彼らは述べています。

ゲームは、ターンベースの戦闘でグリッドベースのマップのハイブリッドを特徴とします。そこでは、敵を克服するために、呪文、魔法、戦闘の戦術を利用する必要があります。

キックスターターは、実際の戦闘システムがどのように機能するかの映像をロールアウトすると、人気が高まると思います。

私は町を征服し、それらの政策を統制し、さらには個人的なメイドを作ることさえ好きです。 これは、悪用されるのを待っている良いワイフ素材です。

詳細を確認したり、プロジェクトにペンスを支払うことに興味がある場合は、 公式キックスターターページ.