TurboGrafx-16 Miniはコロナウイルスにより無期限に遅延します

TurboGrafix 16

コナミは、6年2020月16日に、TurboGrafx-XNUMX Miniのリリースが、コロナウイルスの拡散を防ぐために中国の植物が検疫から閉鎖されたために製造を完了することができないため、無期限に延期されたと発表しました。

この声明はコナミの公式Twitterアカウントに投稿されました。これは以下で読むことができます。

ツイートの画像にメッセージがあります。 メッセージを表示できない場合は、…と表示されます

「当社の製品とサービスに対する継続的なサポートに感謝します。

 

「PC Engine Core Grafxミニコンソールとその周辺アクセサリについて、中国の製造および出荷施設は、現在のコロノウイルス(COVID-19)の流行によりやむを得ない中断に直面しています。 その結果、当初19年2020月XNUMX日に予定されていたすべてのPC Engine Core Grafx mini製品の出荷は、追って通知があるまで延期されます。

 

「多大なご不便をおかけしましたことを深くおaび申し上げます。状況に細心の注意を払いながら、ご理解と忍耐をお願いいたします。 私たちは、PC Engine Core Grafx miniをできるだけ早く提供するためのすべての努力を注いでおり、確認された後、提供のタイミングに関する詳細を提供します。」

当初、TurboGrafx 16の16つの異なるバージョンがあり、PC Engine Core Grafx Mini、PC Engine Mini、およびTurboGrafx-XNUMX Miniがすべて米国、ヨーロッパ、および日本で利用可能になる予定です。

前述のように、ミニのさまざまなイテレーションは20年2020月XNUMX日にリリースされる予定でした。

コナミは既に発売日を設定していた 2019年XNUMX月まで、これは本当に彼らの計画にレンチを投げました。

中国が製造工場を再開するまで、TurboGrafix-16 Miniは届かないでしょう。 そして、コロナウイルスを制御できるようになるまで、それは起こりません。 そして今、彼らは確実にそれをコントロールしていません。

(ニュースチップMaverickHLに感謝します)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。