児島プロダクション、従業員がCOVID-19と診断された後、一時的にオフィスを閉鎖

23年2019月XNUMX日、小島秀夫は、 次児島プロダクションのコンセプト 本社で。 まあ、それは次のゲームのように見えます 死座礁 Kojima Productionsの多くの開発者の19人がCOVID-XNUMXまたはコロナウイルスであると診断されているという問題に直面するかもしれません。

このため、児島プロダクションでは、トラブルを未然に防ぐため、本社を一時的に閉鎖しました。 この情報は kojimaproductions.jp、次の情報の詳細:

「東京、日本– 30年2020月19日–小島プロダクションズは本日、スタジオで働く従業員がCOVID-XNUMXに対して陽性反応を示したことを知りました。

従業員は20月XNUMX日から在宅しており、それ以来、オフィスには入っていません。 その間、従業員はPCRテストを受け、本日陽性の結果が出ました。

公衆衛生当局と緊密に連携しており、症状の発生時にこの従業員がオフィスにいなかったため、他のすべてのコジマプロダクションズの従業員は「密接な連絡先」とは見なされず、閉鎖する必要がないことを通知していますオフィス。

ただし、KOJIMA PRODUCTIONSは、全従業員およびより広いコミュニティの健康と福祉を保護するために、次の予防策を個別に制定することを独自に決定しました。

  • 一時的にオフィスフロアを閉める
  • すべてのオフィス施設を消毒する
  • すべての作業スタッフがリモートで作業するようになります
  • 全スタッフの健康状態の監督とサポート

KOJIMA PRODUCTIONSは引き続き公衆衛生当局と緊密に連携し、必要に応じて追加の予防策を講じて、さらなる拡大を防ぎます。」

さらなる感染を防ぐためのこの措置がこの新しい概念に影響を与えるかどうかについては何も言われていませんが、上記の手紙によると、児島プロダクションの開発者はこれからも自宅から活動します。

さらに、24年2020月XNUMX日に、 インタビューで小島メモ ファンは児島プロダクションの「ビッグゲーム」が今後XNUMX〜XNUMX年で登場することを期待できますが、その「大ヒット」が形になりつつある間に、児島はチームがその間にデジタルのみの小さなエピソードタイトルを生み出せることを期待しています。

児島プロダクションでは、ビデオゲームの他に映画も制作する予定です。 しかし、スタッフがコロナウイルスと診断され、当面本店が閉鎖されたため、上記のすべてがどのようにうまくいくかは不明です。

最後に、505GamesとKojimaProductionsは、PS4用のフォトモードをリリースしました。 死のストランディング、 PC版(Denuvoの使用)は、SteamおよびEpic Games Store全体で2年2020月XNUMX日にリリースされます。