マイクロソフトとXboxチームは、XboxシリーズXの仕様を詳しく調べます

今年の初め、XNUMX月の後半に、Xbox SeriesXの仕様を取り上げました。 ただし、MicrosoftとXboxチームは、ゲーマーとファンに、次の次世代コンソールをさらに深く見てもらいたいと考えていました。つまり、複数のビデオとブログ投稿がアップされており、好奇心旺盛な人がシリーズX。

繰り返しになりますが、シリーズXが提供するものについて詳しく知りたい場合は、 あなたは与えられたリンクを見つけることができます システムのGPU、CPU、その他の仕様をカバーしています。

長いリストを読みたくない場合のために、新しい公式チャートを提供します news.xbox.com シリーズXの仕様を表示:

  • CPU:8 GHzコア@ 3.8 GHz(3.66 GHz w / SMT)カスタムZen 2 CPU
  • GPU:12 TFLOPS、52 CU @ 1.825 GHzカスタムRDNA 2 GPU
  • ダイサイズ:360.45 mm2
  • プロセス:7nm強化
  • メモリ:16 GBバス付き6 GB GDDR320
  • メモリ帯域幅:10GB @ 560 GB / s、6GB @ 336 GB / s
  • 内部記憶装置:1 TBカスタムNVME SSD
  • I / Oスループット:2.4 GB / s(未加工)、4.8 GB / s(圧縮、カスタムハードウェア解凍ブロック付き)
  • 拡張可能なストレージ:1 TB拡張カード(内部ストレージと正確に一致)
  • 外部記憶装置:USB 3.2外付けHDDサポート
  • 光学式ドライブ:4K UHDブルーレイドライブ
  • 性能目標:4 K @ 60 FPS、最大120 FPS

さらに、このブログ投稿は、シリーズXの「ロード時間テクノロジー」にも光を当てています。 次のゲームプレイは今後のコンソール用に最適化されていませんが、ブログの投稿では、「Velocity Engine Architecture」を通じてゲーマーはダウンタイムが少なくなり、プレイ時間が長くなると主張しています。

公式のXNUMX番目のビデオ XboxのYouTubeチャンネル 「クイックレジューム」機能の概要をご紹介します。 また、「Velocity Engine Architecture」を搭載したクイックレジュームにより、プレーヤーは長いロード画面を待つことなく、ほぼ瞬時に中断状態から「複数のタイトルをシームレスに切り替える」ことができます。

あなたが好きかどうか デジタルファウンドリー マイクロソフトはあなた次第ですが、MicrosoftはチームのXNUMX人のメンバーを招待して米国での撮影を行い、シリーズXを実際に試してもらいます。このデュオはマシンの部品を調べ、ハードウェアの仕様、寸法などに関する洞察を提供します。

そして、Digital Foundryによる最後のビデオは、シリーズXの仕様を上から下までカバーしています。 つまり、今後のユニットに関する詳細情報:

最後に、シリーズXは、4年第2020四半期後半にリリースされます。これは、コロナウイルスが出荷、部品、および発売日のその他の計画に影響しないことを前提としています。