PS5は、コロナウイルスの懸念にもかかわらず、2020年後半のリリースをターゲットにしています

新しいレポートによると、コロナウイルスはソニーの次世代コンソールの発売に影響を与えないようです。 言い換えれば、PS5はまだ今年のホリデーシーズン中に発売される予定です。 さらに、ソニーは、The Last of Us:Part2やGhostofTsushimaなどのファーストパーティのタイトルは約束どおりにリリースされるはずだと述べています。

Website gamesindustry.biz ソニーのスポークスパーソンは、「新しいコロナウイルス」が「今年後半のプレイステーション5の発売に顕著な影響を与える」とは予想していないと述べている。

このソニーのスポークスパーソンによると、上記の情報に重みがある場合は、次世代コンソールが最初に発表されたとおりにリリースされることを期待してください。これは今年の第4四半期になる予定です。

さらに、ウェブサイトはソニーがリリースした新しいPDFファイルを強調しています sony.netは、ゲーマーやファンが前進するブルーブランドに期待できることについての洞察を提供します。

ゲームおよびネットワークサービスセグメント:

  • ソニーは、今年度のこの事業に重大な影響はないと予想しています。
  • 今のところ問題は発生していませんが、ソニーは、主にヨーロッパと米国の自社スタジオとパートナースタジオの両方で、ゲームソフトウェアタイトルの制作スケジュールが遅れるリスクを注意深く監視しています。

PDFは、コロナウイルスが31年2020月XNUMX日に終了する今年度のソニーのゲーム事業に重大な影響を及ぼさないことについても触れています。しかし、同社がその数値と統計をレポートに提供する時期はわかります。

それで、これはすべてどういう意味ですか? まあ、それはPS4に向かっているファーストパーティのタイトルが 私たちの最後:パート2 対馬の幽霊 29年26月2020日と5月2020日にまだリリースされる予定です。さらに、PSXNUMXはXNUMX年後半のリリースのためにまだオンになっています。

ソニー、PS4限定の今後の計画、または次世代のPS5コンソールについて詳しく知りたい場合は、上記のリンクのいずれかにアクセスしてください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。