コロナウイルスに言及しているすべてのビデオをデモするYouTube

コロナウイルス

その前に、Linus Tech Tipsについて言及しました 彼のビデオをデモネット化しました コロナウイルスについて言及したが、それは氷山の一角にすぎなかった。 単純に「コロナ」、「コロナちゃん」、「コロナウイルス」と言っても、あえてコロナウイルスに言及するすべてのYouTubeコンテンツ作成者は、ビデオを即座にデモネット化することになります。

コンテンツ作成者のDavid Pakmanは、2年2020月XNUMX日にデモネティゼーションについて聴衆に知らせました。

これは、大規模なYouTubeアカウントと小規模なYouTubeアカウントの両方で発生していました。

そして、主流のニュース配信さえもevenしまない。 アリゾナ州フェニックスでフォックス10を管理しているソーシャルメディアによると、彼らのビデオでさえもデモネット化されています。

Angry Joe Vargasは、デモネティゼーションのコンテキストを提供し、動画を手動でレビューした後にデモネタイズしたYouTubeスタッフからのレポートを紹介しました。 YouTubeは、コロナウイルスの言及を「現代のテロ行為の議論」および「物議を醸す社会問題」とラベル付けしていることがわかりました。

ツイート内の画像を表示できない場合は、以下で拡大版を表示できます。

ビデオがデモネット化された理由に関するメッセージでは、…

「現代のテロ行為、人命の壊滅的な損失をもたらす出来事、または物議を醸す社会問題の議論」。

だから基本的に、人々に知らせる キャンセルされる公開イベント, 映画のプレミアが延期される, 取り消される規則、および検疫後にロックダウンされるさまざまな都市は、収益化できない「デリケートな問題」と見なされます。

これは基本的に、そのようなイベントに関するニュースや情報を人々に提供して生計を立てた場合、それらのビデオは収益化されず、おそらく推奨フィードにも入らないことを意味します。

さらに悪いことに、コロナウイルスの速度は低下していません。

ライブビデオフィードの統計を確認する場合 ロイラブ統計、感染者と死者の数は増え続けています。

多くの人々がそれについて議論するのをやめるので、実際にはそれほど悪くないという印象を受けるかもしれないので、彼らのコンテンツをデモネット化することによってコンテンツ作成者を黙らせるというYouTubeの試みは基本的にウイルス自体より危険です。

それでも、これは、企業が世界で最も視聴されているビデオコンテンツプラットフォームを完全に制御し、世界の出来事や致命的な大発生について知ることができることとできないことを指示できる場合に起こります。

(ニュースヒントHarrison BergeronとClownfish TVに感謝)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。