メトロ:ExodusはSteamで好成績を収めました、とLars Wingefors氏

メトロ:出国 かつてはEpic Games Storeの独占販売であり、その間、GabenのSteamでゲームに出くわした多くのファンは、最初にクライアントでFPSゲームを約束されたために腹を立てていました。 15年2020月XNUMX日現在、ゲームはSteamに戻っており、THQ NordicのCEOは、収益の呼びかけの際に、タイトルが再登場して順調に進んでいると主張しています。

記憶をリフレッシュするには メトロ:出国エピックゲームズストアの運営、THQ NordicのCEOであるLars Wingerforsは、2019年1月2018日から31年2019月XNUMX日までをカバーする「拡張会計年度レポート」の中で、XNUMX年にFPSゲームが経営陣の「期待」の範囲内で機能したことを報告しました:

「全体的に見て、ゲーム[Metro:Exodus]は経営陣の予想の範囲内で実行され、開発とマーケティングに行われたすべての投資を回収しました。」

しかし メトロ:出国 開発とマーケティングへのすべての投資を回収するのに十分な資金を集めました。これはPS4とXboxOneの力によってのみ行われ、PCでは行われませんでした。

これは、CEO WingeforsがMetro:ExodusのPC販売を公表することを辞退したことによるものです。 Q5 2019レポート Twitterユーザーのネイサン:

早送りして、ウェブサイト DSOG Wingerforsは、会社の直近の決算報告で次のように言っていたと報告しています。

「Metro [Exodus]はEpicで好調でした。EpicGames Storeでのパフォーマンスに満足しました。 だからといって、Steamのパフォーマンスにも満足していないわけではないので、最初の日はとても良かった。

 

それは素晴らしいゲームだと思います。 人々は素晴らしいゲームをプレイするのが大好きであり、今後もすべてのプラットフォームでうまく機能することを願っています。」

いずれにしても、Epic Games StoreとSteamの正確な数値は、Wingeforsとco。のように見えるため、公開されていません。XNUMX歳の一人称シューティングゲームの成功を人々に測定してほしくありません。 これは、将来誰かが詳細全体をこぼすまでわからないことを意味します。

最後に、 メトロ:出国 PCおよびホームコンソール向けにリリースされました。 ただし、このゲームの詳細については、 公式ウェブサイト 訪問。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。