プレイステーション、コロナウイルスによりOculusがGDCから撤退

私たちの最後2

コロナちゃんの致命的な誘惑が西洋の出来事に影響を与え始めているようです。 ソニーがコロナウイルスを引用してPAX Eastから撤退した後、ソニーとFacebookのOculus部門はいずれも、コロナウイルスを引用してXNUMX月に開催されるGame Developers Conferenceからも撤退しました。

GamesIndustry.biz 両社が撤退に関する声明を発表したことを報告しており、Oculusはビデオストリーミングを介して引き続き発表すると述べています。

Facebookの広報担当者は次の声明を発表しました…

「従業員、開発パートナー、GDCコミュニティの健康と安全を懸念して、COVID-19に関連する公衆衛生上のリスクが高まっているため、Facebookは今年のゲーム開発者会議に参加しません。 ショーのために計画したエキサイティングな発表をビデオやオンラインQ&Aなどで共有する予定であり、今後数週間以内にGDCパートナーミーティングをリモートで開催する予定です。

 

「私たちは、GDCの親会社であるUBMおよびパートナーと引き続き協力しており、彼らの努力に感謝しています。」

これは、報告された75,700人が感染し、2,130人以上が感染により死亡した後に報告されています。

報告されているように、日本の巡航船から感染した174を含む複数の感染が世界中で発生しています。 毎日のサバ.

カリフォルニア州サンフランシスコですでにXNUMXつのケースが発生しています。 サンフランシスコゲート。 サンフランシスコがいかに不衛生であるかを考えると、公衆排便と通りに散らばるヘロイン針の絶え間ない供給により、 ビジネスインサイダー、コロナウイルスが南カリフォルニア全体に野火のように広がっても驚くことではありません。

おそらく、前述の理由または他の未公開の懸念のために、ソニーは今年のGDCへの一般参加を拒否しました。

GamesIndustryに送信された声明の中で、Sony Interactive Entertainmentは説明しました…

「「COVID-19(コロナウイルスとしても知られている)に関する懸念が高まっているため、Game Developers Conferenceへの参加を取り消すという難しい決定を下しました。 ウイルスや世界各地の旅行制限に関連する状況が日々変化しているため、これが最良の選択肢だと感じました。 参加を取り消すことに失望していますが、世界の労働者の健康と安全が最大の関心事です。 今後GDCに参加できることを楽しみにしています。」

PAX Eastはまた、撤退のかなりの割合を見ています。ウェブサイトは、10社の参加企業のうち550社がこれまでに影響を受けており、そのほとんどが中国に拠点を置いていると述べています。

ただし、今年のGDCは、カリフォルニア州サンフランシスコで16月20日からXNUMX月XNUMX日まで開催される予定です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。