グランツーリスモのプロデューサー、山内一典氏は120-240FPSで動作するゲームを出荷したい

多くのコンソールゲームは30fpsで実行され、プレイしているタイトルによっては25fps未満に低下する場合があります。 ただし、一部のタイトルは 携帯 XNUMXつのXと PS4 Proは60fpsに達することができます(特定のゲームはフレームを維持できませんが)が、ポリフォニーデジタルCEOおよび グランツーリスモ プロデューサーの山内一典氏は、30fpsのコンソール標準を維持しようとしておらず、120-240fpsに達するフレームを維持することにもっと関心を持っています。

PCに精通している人は、その市場が少し前に30fpsを残していることを知っているでしょう。 ただし、現在のコンソールは通常30 fpsまたは60 fpsで市場に出回っており、フレームの不安定性は考慮されていません。

それでも、E3またはGamescomで聞く可能性のある新しいコンソールピッチは「4fpsで実行される60K解像度」ですが、Polyphony DigitalのCEOでありグランツーリスモのプロデューサーである山内は、彼が支援しているゲームであれば解像度については心配していませんより高く安定したフレームで実行されます。

私たちはウェブサイトのおかげでこれを知っています gamingbolt.comこのサイトでは、山内が4Kの解像度で十分であると述べていますが、フレームレートスペクトルには改善の余地があります。

そうは言っても、以下に示すように、解像度と「より良い」空間解像度の達成に関して、山内の関心が抱いたものを読むことができます。

「あなたが話している空間解像度よりも、時間解像度に関して私たちができる進歩に興味があります。 60秒あたりのフレーム数については、120 fpsに留まるのではなく、240 FPSまたはXNUMX FPSに上げることに興味があります。 これが今後の体験を変えるものになると思います。」

つまり、次世代コンソールがポップアップしたときに、 PS5 Xbox Series Xの4年第2020四半期のいつかには、以前のプラットフォームが新しい グランツーリスモ 山内氏によると、60fps以上のフレームを誇るゲーム。

そうは言っても、より高いフレームレートが次世代の安定したペースで実行されると思いますか、それとも山内はただ口を動かしていると思いますか?