日本の社会主義者は子供向けゲームの制限を提案

日本には 人口問題。 世代を超えて人口の1分の3が減少するので、家族を作るインセンティブを提供する報酬と伝統から社会学的に何年も離れた後、彼らは見ようとはしません。 この時点で理にかなって、一歩下がって、最初にこの問題を引き起こした社会学的および経済的政策を検討し、それが特別利益団体やあなたの社会の一部を混乱させたとしても、それらに対処するのが賢明でしょう。

一部の日本の政治家は、もちろん正しいというよりも、子どもたちの気晴らしを取り除くことを決めました。 そして気晴らしとは、単にビデオゲームを意味します。

テレビ、漫画、スポーツ、本、ストリーミング、ソーシャルメディア、電気ショック療法は、この提案された法律として、すべて完全に放置されます ソラニュース24  ビデオゲームのみをターゲットにします。

具体的には、罰なしの法律では、18歳未満の人が平日は90時間以上、休日と週末は18分以上プレイすることを禁止しています。10歳未満の人はすべて午後00時までにプレイを停止する必要があります。 この法律はまだ草案作成段階にあり、香川県にのみ適用されます。 合格すれば、日本でのこの種の最初の禁止になります。

現在、香川県議会に正式に提出されているものはありませんが、立法者はゲーム中毒に取り組み、子供を育てることを拒否する親をdすために法律を作成する際に、パブリックフィードバックを求めています。

ここで実際に見てみましょう。子供が20代になるまでに、自分のやる気、時間の編成、および親として失敗した短期的な満足よりも長期的な利益を優先する能力を彼らに植え付けていない場合。 あなたの子供を警察するのは政府の仕事ではないので、XNUMX年後には当初の意図を超えて膨れ上がる滑りやすい斜面対策を実施します。

これは日本の人口問題を解決しません。

日本は、家族を生み出した伝統的な価値観と報酬の社会学的な放棄と、人口減少を経験する悲惨な経済政策のために受け入れなければならないでしょう。 それを変えるものは何もありません。 政府はより効率的になるために縮小し、おそらく近代化する必要があります。

代わりに、彼らは気を散らすものを取り去り、今コンセントのない人々がただローマを燃やし、門を通って野gate人を助けることを決めないことを望みます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。