小島秀夫は「大きなゲーム」を作りたいと思っています。 エピソードとデジタルのみのタイトルは除外されません

小島秀夫は、XNUMXつだけではなく、複数のゲームを思い起こさせようとしています。 多くの場合、小島プロダクションが新しいプロジェクトのコンセプトについて作業を開始したことを報告しています。 さて、新しいレポートによると、小島とクルーは、XNUMXつの「ビッグゲーム」とエピソードとデジタルのみのタイトルで構成される多くの実用的なタイトルを作りたいと考えています。

あなたが小島の作品のファンであるかどうかにかかわらず、彼のチームからのより多くのものがあなたの方法に向かっているように見えます。

おかげ dualshockers.com、ファミ通誌の6年2020月30日号(本日発行)には、スタジオの4周年記念の小島プロダクションに関するXNUMXページの特集が含まれていることがわかります。

ファミ通誌には、たまたま小島と新川洋二のXNUMXページのインタビューが掲載されています。 しかし、インタビューでは、小島プロダクションにゲームが期待できるゲームと同じように、多くのものに触れています。

スタジオが近い将来出荷を計画しているゲームのタイプに関するインタビューの抜粋を以下に示します。

「コジマは、コジマプロダクションが複数のゲームプロジェクトに取り組む予定であり、そのうちのXNUMXつが「ビッグ」ゲームになると述べました。 ただし、小島は、エピソードゲームやデジタルのみのゲームなど、より小さなゲームを試してみたいと考えています。 彼はそれを管理できるかどうかはわかりませんが、より大きなゲームプロジェクトに取り組み続けながら、より小さなゲームを開発してリリースできることを望んでいます。

 

最後に、小島は、ゲームや映画がどのように変化し、融合するのか、彼がいつも言っていることを繰り返してインタビューを終了しました。 彼は、現在の40歳以上の映画監督の多くが、ゲームのストーリーテリングの方法でどのように育てられたかに言及しました。」

要約すると、コジマプロダクションのビッグゲームが今後XNUMX年で登場することを期待していますが、その「大ヒット」は形になりつつありますが、コジマはその間にデジタルのみの小規模なエピソードタイトルを作り上げることを望んでいます。

最後に、小島プロダクションは 映画を作る ビデオゲームと並んで、ワームの缶のレシピのようです。

とにかく、小島とファミ通のインタビューの全文を読むことができます。 dualshockers.com.