NvidiaはTencentと提携して中国のクラウドゲームサービスを強化

Tencentとして知られる巨大企業は、中国でクラウドゲームサービスを「ソフトローンチ」しており、Tencentが終了する「サービス」の強化を支援するのはNvidia以外の何物でもありません。 これまでのところ、進行中のベータ版を介して試すことができるPCゲームがいくつかあります。

Tencentとして知られる中国の企業ができるだけ多くの企業を買収しようとしているのは秘密ではありません。 あるいは、会社は、グローバルなリーチを促進するために、会社に出資しているのと同じ数の犯罪のパートナーを望んでいます。

Tencentがゲーム業界のより多くの人々にアピールするXNUMXつの方法は、任天堂と力を合わせて、以前とは異なり米国市民にリーチすることです。 wsj.com.

ビッグNとの接続は進行中です(そして、Tencentは、左のJoy-Conがスイッチのドリフト問題を経験し、 任天堂を行きます)、TencentにはNvidiaがあります。これは、デラウェア州に設立され、カリフォルニア州サンタクララに本拠を置くアメリカのテクノロジー企業です。

Website gamesindustry.biz TencentとNvidiaは数週間前に最初の公開テストを開始したと言います。 「クラウドゲームサービス」と一緒にタグ付けするのは 刃と魂、フォートナイト、亡命の道NBA 2Kオンライン2。

私は、米国とこのテストに対処するものはまだ公開されていないことに言及する必要があります。つまり、このベータ版は現在、北京、上海、広東、江蘇、天津、河北、安huのユーザーに限定されています。

すぐに米国に来ると確信していますが、今のところ、前述の場所の人々は、参加するには20 Mbps +以上のインターネット速度を持っている必要があります。

Tencentは、独自の「クラウドゲーミングテクノロジー」に取り組んでいるほか、相撲グループ(Sumo Digital)やStunlock Studios(Battlerite)での最新のケースと同様に、他社の株式を購入しています。

以下は、Tencentが現在の有名企業にどれだけ出資しているかのリストです。

  • 暴動ゲーム(リーグオブレジェンド)– 100%
  • シャークモブ– 100%
  • スーパーセル– 84.3%
  • 粉砕機ゲーム(亡命の道)– 80%
  • 壮大なゲーム– 40%
  • Fatshark – 36%
  • Stunlock Studios – 31%
  • Funcom – 29%
  • カカオ– 13.5%
  • ブルーホール(PlayerUnknown's Battlegrounds)– 11.5%
  • Sumo GroupおよびSumo Digital(Crackdown 3)– 10%
  • フロンティア開発– 9%
  • Ubisoft – 5%
  • Activision Blizzard – 5%
  • Paradox Interactive – 5%

テンセントが西側の主要な存在を望んでいることを考えると、上記のように西側の企業にある利害関係で見られるように、ベータフェーズを終了するときにこの「技術」が米国で公開されることを期待してください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。