4に乗る2020に乗る、専用のYamahaコンテンツを搭載

ライド

  グランツーリスモ オートバイレースゲームの新しい続編を得ています。 はい、マイルストーンはそれを発表しました ライド4 2020年のある時点でPCと家庭用ゲーム機に登場します。

イタリアの開発者は、シリーズの4番目のエントリーの予告編トレーラー以外はあまり明らかにしませんでした。 ライド4 ロゴ。

25の2番目のティーザーを以下で確認できます。

奇妙なことに、私たちはそれについてのプレスリリースを受け取っていませんでしたが、彼らは月曜日にそれを送る予定があったのでしょうか? または、多分彼らはクリスマス休暇にあり、それに近づかなかったか。

いずれにせよ、彼らは公式チャンネルでツイートでティーザー予告編をフォローアップし、新しいゲームがヤマハ専用の新しいコンテンツをすべて備え、シリーズでこれまでに見た中で最も「現実的な」レーシング物理学を発揮することを明らかにしました。

コンソールゲーマーに60fpsではなく30fpsでプレイするオプションを提供することを願っています。

私の最大の不満は ライド3 レビュー 30fpsと60fpsの間でゲームが完全に変わることでした。 必要なフレームの半分でレンダリングされるランタイムで入力ラグが存在するため、バイクの処理方法には大きな違いがあります。

したがって、PCバージョンの ライド3 ホームコンソールでの操作とはまったく異なる体験です。 ライダーとバイクが物理的にターンを攻撃する方法をより正確に取得できるため、グラフィックスが向上し、フレームレートが向上し、バイクの取り扱いが完全に変更されます。

いずれにせよ、私たちはおそらくより多くの詳細を取得します ライド4 2020年に向けて。これがXboxOneとPS4、Project ScarlettとPS5のクロスジェネレーションゲームになるのか、それとも第XNUMX世代のコンソールとPCに固執するのかについても興味があります。

(ニュースチップLupinIIIをありがとう)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。