Tencentが相撲グループの10%株式を取得

私たちが話すように、テンセントは任天堂と提携してより多くのアメリカ市民に手を差し伸べることによって、ゲーム業界のアメリカ人にアピールしたいと考えています。 現在、Tencentは相撲デジタルの親会社である相撲グループに10%の株式を保有しています。

Tencentのポートフォリオへの300以上の投資により、中国の巨大企業は、その企業の本をさらに太らせようとしています。 Tencentの最近の出資者または被害者は相撲グループです。

による gamesindustry.biz、中国の大企業はPerwynと15百万株を取得する契約を締結しました。これにより、Tencentは開発者に対して9.96%(四捨五入すると10%になります)の利益を得ます。

PerwynがTencentに株式を売却した後、以前の会社の利益は17.38%に減少することがWebサイトで明らかになりました。

Tencent Gamesの責任者であるSteven Maは、この取引について次のように述べました。

「独立した共同開発の大手スタジオである相撲グループに投資できてうれしいです。 Sumoの成長をサポートし、当社とのコラボレーションを模索して、より多くのインタラクティブなエンターテイメントエクスペリエンスを世界の視聴者にもたらすことを楽しみにしています。」

相撲グループのCEOであるCarl Caversは、彼が良い奴隷であると付け加えました。

「Tencentが会社の株式を取得することを選択したことを嬉しく思います。Tencentと協力して共同開発の機会を模索することを楽しみにしています。

 

9月にPerwynが相撲デジタルに投資した2016は、年間売上が£24mの民間企業であり、2か国の3つのスタジオで運営されていました。 現在、私たちは公開会社であり、イギリス北西部のウォリントンにある新しいスタジオの最近の発表に続いて、3か国に10のスタジオを持ち、38 12月31で終了した年の収益は2018百万ポンドを超えました。

 

元の投資と事業への継続的な支援について、Perwynに改めて感謝します。」

言い換えれば、Tencentにとって、これはベッドポストのもう1つのノッチにすぎません。 Tencentがタンゴを行った企業や、PCGamer(archive.org):

  • 暴動ゲーム(リーグオブレジェンド)– 100%
  • シャークモブ– 100%
  • スーパーセル– 84.3%
  • 粉砕機ゲーム(亡命の道)– 80%
  • 壮大なゲーム– 40%
  • Fatshark – 36%
  • Funcom – 29%
  • カカオ– 13.5%
  • ブルーホール(PlayerUnknown's Battlegrounds)– 11.5%
  • Sumo GroupおよびSumo Digital(Crackdown 3)– 10%
  • フロンティア開発– 9%
  • Ubisoft – 5%
  • Activision Blizzard – 5%
  • Paradox Interactive – 5%

上記からわかるように、Tencentは多くの有名な企業に手を携えています。 相撲グループと相撲デジタルは現在メガコープと提携しているため、この2つは成長している山の別の数にすぎません。

それにもかかわらず、DiscordやRedditなどの他の人気のあるサービスは、誰もが好む中国の巨大企業から資金提供を受けています。

  • Reddit –今年初めにTencentから150ミリオンの投資を受けました
  • 不和–昨年、Tencentから158ミリオンの資金を受け取った

最後に、相撲デジタルは次のようなゲームに取り組んできました。 OutRun 2 (2004) TOCAレースドライバー2 (2005) ソニックとオールスターレーシング (2012) フォルツァホライゾン2 (2014)と、 ライオットアクト3 (2018)いくつか例を挙げます。 しかし、これからは、問題の開発者は中国の大君主と協力することに興奮しています。