1年の雨、Co-op RTSがSteamの早期アクセスを開始

雨の年

Daedalic Entertainmentは、チームベースのRTSゲーム、 雨の年、Steamの早期アクセスに入りました。 マルチプレイヤー戦略のタイトルはブリザードのものと比較されています Warcraftの3しかし、それはゲーマーがゲームを壊すことに気付く多くの問題で始まり、ゲームがアーリーアクセスプロセスを通過するときに修正する必要があるいくつかの主要な機能のロードマップを発表しました。

リリースの最初の週に 雨の年 通常価格から20%割引されているので、 スチーム店 $ 19.99ではなく$ 24.99の場合。

ゲームは、資源がまばらで戦争が豊富な土地のために戦争を戦っている3つの派aroundを中心にしています。 プレイヤーは陣営の指揮を執り、ユニットを利用して戦争の流れを変え、最終的には1つの派viが勝者になります。

このゲームは、協力的なマルチプレイヤーキャンペーンモードとPvPモードを備えています。 あるいは、シングルプレイヤーを介してあなたの孤独によってすべてのゲームに取り組むことができます。

ただし、マルチプレイヤーRTSゲームは、最高のユーザーレビュー評価で起動しませんでした。 ほとんどの人はゲームに高い期待を抱いていますが、パスファインディングとAIロジックが今まさに壊れていることを認識しています行くことになっています。

ただし、開発者はフィードバックを聞いています。

アーリーアクセスページによると、開発者はアーリーアクセスに約1年半費やす計画を立てています。 彼らはフィードバックを考慮に入れて、6〜8週間ごとにメジャーアップデートを展開すると言っています。

実際、彼らが取り組む予定の最初の主要なマイルストーンはAI経路探索で、ナビゲーション2.0更新を最優先事項として、セーブゲーム、およびMacとLinuxのサポート、そしてボスの敵と一緒にいます。

彼らはに取り組んでいる機能の完全なリストを持っています Trelloのページ.

しかし、それについて最も嫌なことは、ワイフ素材の欠如です。

どうしてこのようなゲームを作って、もっと多くのwaifu-baitを使わないのですか? テーブルにお金を置くのが好きな人もいると思います。

いずれの場合においても、 雨の年 現在、アーリーアクセスにあります。お気に召す場合はチェックしてください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。