政治家の山田太郎が日本の検閲法の修正を提案

日本検閲

オタクのファンお気に入りで最近着任した日本の政治家、山田太郎は、多くの作品が現実のポルノと架空のポルノ。

Irodori ComicsのCEOである高橋は、25の投稿スレッドでツイートすることで状況に注意を喚起しようとしました。 11月18th、2019.

ツイートは英語で、日本語から翻訳され、高橋が書いた…

「変態とJPポルノのビッグニュース

 

「刑法175(JP検閲法)は政治家によって審査中です。 法律の範囲を社会的領域から私的領域にシフトすることにより、同意がある限りポルノ検閲を削除できるという議論があります。

 

「これは、存在しない2Dキャラクターとポルノコンテンツの個々の俳優に影響を与える可能性が高いです。

 

「実際の未成年者と同意を与えない人が関与するコンテンツは、もちろん検閲されたままです。

 

「刑法175の改正を検討している政治家は現在、警察や他の政党と彼らの選択肢について話し合っています。

 

「これは日本のポルノや変態から削除されたピクセルやモザイクを見たい人にとっては大きな勝利のように聞こえますが、これは困難な戦いになる可能性があります。

 

「最大の障害は、企業が変更を実施するかどうかです。

 

「日本では、日本のPTAは非常に強力なロビー活動グループであり、彼らの声はメディアでよく聞かれています。 NRAと同じくらい影響力があるとさえ言う人もいます。

 

「検閲を削除するための1stの押し戻しは、PTAおよび「わいせつ条項」を主張する他のグループから来る可能性が高いでしょう。

 

「これは最も厳しい戦いかもしれません。 あなたが戦っているものがショタとロリもカバーしているとき、無修正の2Dヘンタイのために戦うのは難しいです。

 

「これにより、「キャラクターの暗殺」が非常に簡単になります。 「表現の自由」の下でモザイクの除去のために戦っている人は誰でも、ソーシャルメディアでドキッとされ、爆破されるでしょう。

 

「そして、どの親も無修正の6歳の2D膣をサポートするのが難しいと感じるでしょう。

 

「政治家が「無修正のキディポルノ」を望んでいる「痴漢」を支持していると見られるのは政治的な自殺だろう(メディアは見出しのためにショタ/ロリに焦点を当てる)。

 

「表現の自由は米国では大きなことですが、「表現を抑制する」ことは日本文化です。

 

「日本の生活のあらゆる場面で、言ってはいけないことと言ってはいけないことがあります。 これを「空気を読む」といいます。 「良い」JP市民になるには、さまざまな状況で何を言おうとしているのかを知る必要があります。

 

「これは、「検閲」が日本文化に染み込んでいることを意味します。

 

「無修正ポルノのために戦う「同盟国」を見つけることは、それを支える「コスト」を考えると、非常に難しいでしょう。 オンラインでサポートを表明している人は誰でも、PTAや他のグループによって激しく苦しめられます。 それはピクセルのないペニスを見るための「大きな犠牲」です。

 

「ある奇跡によって、政治家が集まり、実際に法律を変更した場合、次のプッシュバックは企業に反対するでしょう。

 

「法律が変わったからといって、一晩で物事が変わるわけではありません。

 

「実際、2ndステージは、戦いが脆弱になる場所です。

 

「政治的な段階で「戦い」に負けたPTAやその他の関心のある組織は、単に民間企業を標的にすることができます。

 

「JP、DMM、メロンブックス、とらのあなの3最大のヘンタイディストリビューターは、すべて「クリーン」(非H)ビジネスと親会社を持っています。

 

「組織化された「抗議の手紙」またはソーシャルメディアが会社のツイッターページまたはメディアを爆破し、株主と取締役会メンバーを無検閲のヘンタイを解放しないように脅かすだけです。

 

「日本は公共のイメージに非常に敏感な国です。

 

「トヨタヴェルブリッツラグビーチーム全体は、1人の男がジョイントを吸って捕まった後にリーグから禁止されました。

 

「自己検閲と社会をなだめるための制限」は日本では非常に大きなことです。

 

「だから、JPで何かが完全に合法であっても、それが常に正しいとは限りません。」

スレッドは、日本の文化と生活(そしてそこで働いている)の長所と短所、そして物事を変えるための太郎の困難な戦いについてさらに語っています。

ただし、何かが前進する前に、刑法175の改革を変更する前に、太郎のポリシーを確認する必要があります。

に話しかける ニチバン、高橋で…

「山田太郎はレビューの前の一歩です。 彼は、検閲の他の利害関係者と話し、犯罪コード175のレビューの方向を「定義」しようとしています。 […]彼は漫画/アニメオタク文化産業でキャリアを築きました。 だから、彼は日本の食生活におけるオクタクの「声」です。 彼はあなたの標準的なJP政治家よりも「若く」、現実的です。

高橋はまた、言論の自由の活動は日本ではあまり強くなく、オタクのコミュニティはほとんどの一般社会、特にツイッターの住人を通じて軽lookedされていると指摘しています。

また、キャンセルカルチャーのカルト主義者は、検閲措置を撤回するためのあらゆる勢いを覆そうとする試みで、タロウの努力を弱体化させようとする恐れがある。

太郎の努力がプラスの恩恵を享受するかどうかはわかりますが、今のところ彼は彼よりも長い道のりを歩んでいるようです。

(あしすかとCZのニュースのヒントをありがとう)