小島秀夫はスタジオがいつか映画や映画を作ると言う

映画を作ることについて小島秀夫が語った最後の報告では、彼がハリウッドのオファーを拒否し、映画を彼のゲームに統合したことについてでした。 さて、今のところ、児島はスタジオ児島プロダクションから映画を作りたいと思っています。

長い9月のインタビューを逃したかもしれない場合には、そのウェブサイト ft.com 出版サイトでは、小島が映画とビデオの両方のゲームに興味を持っている理由と、彼が仕事のスタイルを通してこの2つを融合することを目指している理由について詳しく説明します。

「自分の体が70%で映画で作られていると言ったら、なぜ映画を撮らないのですか?」と考える人のために、彼はまさにその質問に、近い将来いつかそうすることを考えています。

スキップすると 22:26 次のビデオで BBC Newsbeat、シネファイルについて知っておく必要のあるすべてのものを聞くことができます。

上記のビデオを見なかった場合は、ここで映画、ビデオゲーム、ストリーミングに関する小島のキャプションを読むことができます。

「今後、児島プロダクションは映画の制作を開始します。 1つのことがうまくできれば、すべてをうまくやることができます。

 

今後数年以内に、ゲームはストリーミングに移行すると思います。 映画、ドラマ、ゲームはすべてストリーミングされ、iPad、iPhone、または画面でいつでもどこでも楽しめます。

 

それが起こると、ゲーム、映画、ドラマは同じ空間で競争しなければなりません。

 

私はそこに登場する新しい形式のゲームに非常に興味があり、それを引き受けたいと思っています。」

上記のすべてが今後数年で行われることになっていることを考えると、小島の作品のファンは、2023程度に移行することについて何かが投げられるのを見るかもしれません。

小島プロダクションの今後の作品は 死座礁 —シルバースクリーンの要素とビデオゲームを組み合わせたタイトル—は、11月に8th、2019、 PS4 同時に PC Steam経由のバージョンは、初夏の2020を起動するように設定されています。