THQ NordicはTHQ Nordic Japanを設立しました。 Microïds、日本に新しいオフィスを開設

欧米のゲーム開発者や出版社の数社が日本に来て拡張するようです。 THQ NordicとMicroïdsの間のこの動きの長期的な影響が何であるかはわかりませんが、私たちが話すように拡大が起こっています。

何よりもまず、Microïdsと現在のポートフォリオになじみがない場合、同社は以下のようなゲームで最もよく知られています。 シベリア 三部作、 モトレーサー フランチャイズ、および今後のUbisoftの2003のリメイク FPSステルスタイトル 13.

「なぜこの会社が日本に進出するのか」と疑問に思っているに違いない。その質問に対する答えは、Microïdsの新しく投稿された ブログスポット:

「日本で3年間成功した後、マイクロイドはこの地域に駐在員事務所を開設したことを誇りに思います。 Microidsの代表はMartial Meyssignac(30年間日本に存在)で、Microidsの上級副社長Strategic PartnershipsであるYvesBléhautと緊密に連携します。 この新しいオフィスは拡張ポリシーの一部です。 その主な役割は、フランスの親会社と連携して、会社のカタログからゲームを配布し、象徴的な日本のタイトルとの契約を確立することです。

 

[…] 乞うご期待! Microidsは、新しいライセンスと新しいゲームを取得する契約の署名を間もなく発表します!」

THQ Nordic Japanに切り替える前に、Microïdsは2020年の大きな計画を立てていると主張し、この新しいスタジオはそれらの計画の実現に役立ちます。

THQ Nordicとその新しいブランチの公式記事セクションに移動します thqnordic.com THQ Nordic GmbHのマネージングディレクターであるKlemens Kreuzerは次のように述べています。

「私たちの意見では、日本市場を真に取り入れる(意図した)唯一の真の方法は、日本の専門家チームでそれを運営することであり、これは新しい日本の子会社のアプローチでした。 日本の東京に拠点を置くチーム全体を暖かく心から歓迎します。 待っている人には良いことが起こり、可能な限り最高のセットアップでそれを実現するために時間をかけました。」

THQ Nordicが太陽が昇る土地で地元の才能の助けを借りてゲームシーンに新しいゲームをもたらすのを手伝う人々は、加藤裕二、加藤順子、および小川博です。

  • 加藤雄二 - 取締役社長。 20年近くのゲーム業界での経験。 元プログラマー。
  • 加藤順子 –マネージャー元編集者。 元プログラマ、主にQAおよびプロジェクト管理。
  • 小川博 - プロジェクト管理。 元プログラマー。 ネットワーキングと展示会の管理。

だからあなたはそれを持っています。 西洋の2人の開発者は、2020以降の期間に日本でのプレゼンスと業務を拡大したいと考えています。

以上のことをすべて言って、これについてどう思いますか?

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。