京都アニメーションへのすべての寄付は犠牲者に向けられる

最近では、企業が何か怪しいことをすることはほぼ予想されています。 メモリアルDLCを取り巻く大失敗を忘れないために 戦争の影、 where エグゼクティブプロデューサーマイケルフォージ Warner Bros.から、最初は開発者ファミリー向けのゲームコミュニティの慈善活動から利益を得ようとしました。 幸いなことに、良いニュースを買って、Kyoto Animationsは従業員を何よりもまずビジネス上の利益より優先します。

によって報告された ソラニュース24、すべての10.1百万ドル(10億円以上)はビジネスの回復に費やされることはありませんが、愛する会社のスタッフの36の命を奪い、さらに33の人々を入院させた致命的な放火の犠牲者に向けられます。

「京都アニメーション、世界中からの寄付は事業の再開には使用されませんが、遺族、負傷者、および家族にすべて使用されます。 企業として、私たちは公的な支援を含む外部の支援を受けることなく、独自の立場から始めます。

 

「11月、3rdと4th、宮古メッセ(京都市工業会館)で、ファンなどを記念する場所があるようです。」

上記の発表は、10月2日に衆議院財務委員会の伊佐真一から出されました。 さらに、京都アニメーションは、この夏の7月に発生した事件から回復するために外部資金を使用しません。 メインビルドインを焼く放火犯gおよびその従業員の多くが地面に。 代わりに、会社は自身の資産を使用して業務を復旧し、悲劇から利益を得ることを意図していないことを示します。

11月の3および4には、KytoのMiyako Mess Conference Centerで、家族とファンの両方を対象としたメモリアルサービスが開催されます。 企業がこのような名誉を与えて行動することはまれですが、悲劇からの回復に影響を与えるすべての人を支援するのに長い道のりを歩んできました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。