Bungie CEOのPete Parsonsは、マルチフランチャイズを作成し、2025でDestinyを拡大したいと考えています

最近のインタビューで、Bungie CEOのPete Parsonsは、同社が「世界最高のエンターテインメント企業」の1つになることを目指していることを明らかにしました。 運命 2025年までにさらに多くのフランチャイズを作成します。

一方、 デスティニー2の SteamおよびShadowkeep拡張用のPCバージョンは、1年2019月XNUMX日、WebサイトIGN(archive.org)BungieのCEOであるParsonsにインタビューし、ゲーマーとファンが会社Destinyに期待できること、そして2025が何をもたらすかについてインタビューしました。

Activisionからの分割について尋ねられたとき、BungieのCEOが全体について語らなければならなかったことは次のとおりです。

「これは非常に大きなストレッサーになると思いますが、市場や顧客に製品を届ける当社の能力にとって、非常に輝かしいスポットになります。」

パーソンズがバンジーの未来と会社の計画について前進し続けると、CEOは次のように言いました。

「2025により、Destinyを確実に変革し、市場内に他のフランチャイズを確保するための非常に具体的な方法があります。 パブリッシンググループを構築する必要がありますが、ビジョンの一部はマルチフランチャイズエンターテイメント企業になることです。

 

Bungieの長期ビジョンは、Destinyのような世界に行き、友情を築くのに最適な場所があり、人々が大事にしている新しい世界を紹介し始めることだと思います。」

覚えていない場合、Bungieは6月1st、2018にNetEaseとパートナーシップを結びました。 上のセグメントで bungie.net、前述のものは新しいものではないことがわかります。

「[…] NetEaseと新しいパートナーシップを結び、新しい方向性を模索できるようになったことを発表できることを嬉しく思います。 業界の専門知識により、彼らは私たちに新しい世界を構築し、新旧のプレイヤーをそこに参加させるように支援します。 Bungie内の個別のチームをサポートして、最新の野望を実現するのに役立ちます。」

同じ日に、6月1st、2018、BungieスタジオCEOが出版サイトとのインタビューを取りました gamesindustry.biz NetEaseとのパートナーシップに関して、以下のことを伝えます。

「今のところ、NetEaseを家族に歓迎する機会に感謝しています。 彼らと一緒に探検するという大胆なビジョンがあります[…]」

BungieがNetEaseとのこの契約を$ 100 100万で手に入れたと過去に言及されたが、WebサイトPolygon(archive.is)取引は1月10th、2019と同じ金額であることを再確認しました:

「2018では、Bungieは中国のインターネット企業NetEaseと契約を結び、ゲームメーカーを「グローバルなマルチフランチャイズエンターテイメント企業」として設立しました。BungieはNetEaseから100百万ドルの投資を受け、スタジオが新しいチームと新しい世界を構築するのを支援し、 Bungie CEOのPete Parsonsはその時に言った。

パーソンズはまた2018に戻って説明した gamesindustry.biz なぜ中国企業とのパートナーシップになったのか:

「このパートナーシップの目的は、NetEaseの専門知識を活用し、アイデアを共有し、新しいアイデアを生み出すことです。 中国でゲームを公開する明示的な契約はありません。 ゲームへの情熱、友情とコミュニティの構築を促す世界の構築への情熱を彼らが共有していることはさらに重要です。」

言い換えれば、Bungieは出版業界に進出し、ゲーム業界で(出版および開発に関して)ビッグプレーヤーになりたいという考えに基づいており、このすべてが2025年まで実現できると考えています。 。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。