TGS 2019でのファイナルファンタジーVIIリメイクスペシャルプレゼンテーションでクラシックモードが明らかに

ファイナルファンタジーVIIのリメイク 東京ゲームショウ2019に登場し、今回スクウェアエニックスは、クラウド、ティファ、バレット、および「クラシック」モード PS4 RPG。

YouTuber 夜空の王子 最新のビデオカバー ファイナルファンタジーVIIのリメイク 今年のTGSでのプレゼンテーション。 ビデオで取り上げられているトピックは、ターンベースのクラシックモード、召喚状(イフリートなど)とその仕組み、スクワットで構成されています。

高橋ディーンのような人々は、今後のゲームにはイージーモードとノーマルモードしかありませんので、喜んでください。 クラシック設定では、プレイヤーは「ターンベース」の設定でゲームの戦いを体験できます。

サモンは、次のビデオに見られるように、戦場にいるプレイヤーを他のメンバーのように助けることができます。 フィールドにいる間、クラウドはイフリートサモンマテリアを装備していました。つまり、彼の攻撃により、時間が経つにつれてサモンゲージがいっぱいになっていきました。

クラウドは満員のサモンゲージで、戦場に残ったイフリートを召喚しました。 このゲームでは、召喚はAIによって制御されますが、ATBチャージを費やして、イフリートのような召喚にフレアバーストやクリムゾンダイブなどの独自の能力を使用させることができます。

イフリートのような召喚は、プレイヤーの召喚ゲージがなくなるまでフィールドに残ります。 ゲージが空になると、サモンはヘルファイアを使用したイフリートなどの究極の攻撃を使用します。 各キャラクターは最大1つの召喚マテリアを装備できます。

ここで完全な内訳ビデオをチェックできます:

特別なプレゼンテーションについて(ありがとう Izuniy)、プロデューサーの北瀬義典は、オリジナルのファイナルファンタジーVIIでは、ATBゲージがいっぱいになるまで待ってから、攻撃を開始する動きを選択することを明らかにしました。 Final Fantasy VII Remakeのクラシックモードでは、チームは同じスタイルのプレイを再作成したと伝えられています。

イージーモードとノーマルモードについては、ATBゲージは敵を繰り返し攻撃することでいっぱいになりますが、クラシックモードでは、ゲームプレイのこの側面は自動的に処理されます。

上記に加えて、プレイヤーは何もする必要がありません。つまり、キャラクターは自動的に戦い、ATBゲージをチャージします。

これはどういう意味ですか? まあ、それは誰でも遊ぶことを意味します ファイナルファンタジーVIIのリメイク クラシックモードでは、戦闘システムのアクション側を気にする必要はなく、代わりにコマンドの選択に集中できます。ファイナルファンタジーVIIリメイクを変更して、まるで「クラシックメニューベースのRPG」であるかのように再生します。

最後に、ゲームのボス戦の1つを詳しく見ていきます。 今回は、Cloud、Tifa、およびAerithがMidgarの下水道でApsを引き受けます。 後で、CloudとBarretのチームアップが表示されます。

ファイナルファンタジーVIIのリメイク 3月4rd、3にPS2020のリリースが設定されています。

About

イーサンはグリッチで生まれ、ゲームの中で最もゲーム破壊グリッチを見つけるために追求しました。 あなたが連絡を取得する必要がある場合に使用します お問い合わせページ.

このリンクをたどらないと、サイトからのアクセスが禁止されます。