佐々木雅美氏によると、コナミはハイエンドコンソールゲームの製造を除外していません

コナミはモバイルゲームに大きく依存していますが、 PES 銀行を作るためのタイトルとライブサービスメカニックスは、コナミが利益を上げた5回目の連続であるという点で、四半期ごとの財務上の要求に従って、会社はかなりうまくいっているようです。 ただし、同社はハイエンドのコンソールゲームを除外していないようです。

ファンは、コナミのより大きく、より良く、より洗練されたゲームを見たいと思うでしょう。 まあ、それは近い将来に起こるかもしれません。 出版社はモバイルゲームとPESゲームを愛していますが、コナミヨーロッパの社長である佐々木正美氏の言葉が重んじられたとしても、ハイエンドのタイトルは不均衡ではありません。

ウェブサイトによる新しいレポートによると gamesindustry.bizSasoは、新しいプラットフォームが登場するにつれて、ハイエンドコンソールゲームが最も重要であると同社が考えていることを伝えています。

サソ氏は、PRのように聞こえますが、コナミは同社のコンソールゲーム内で革新的なアイデアと技術を求めて努力し、それらを他のデバイスに適用しようとしています。

上記の内容はここで読むことができます:

「新しいプラットフォームが登場しても、ハイエンドのコンソールゲームが最も重要だと考えています。 コンソールゲーム内の革新的なアイデアや技術に挑戦し、それらを他のデバイスに適用するため、コンソールゲームに努力を続けます。 また、ポートフォリオを増やす予定です。 PESおよびYu-Gi-Ohのマルチデバイスタイトルに加えて、近い将来、他の世界的に知られているIPとのプロジェクトに取り組む予定です。」

出版サイトはコナミの現在のコンソール世代の出力について言及しており、これまで日本の出版社は次のようなタイトルのみをリリースしました。 メタルギア:グラウンドゼロ、メタルギアソリッドV:ファントムペイン、メタルギア:サバイブ、スーパーボンバーマンR、遊戯王 の毎年の繰り返し プロエボリューションサッカー。

コナミは何も発表していないにもかかわらず メタルギア、サイレントヒル または他の画期的なタイトルでは、「ハイエンドコンソール」ゲームが除外されていないことがわかりました。 しかし、PCコミュニティはパイの一部を手に入れることができるでしょうか? それは今のところ答えられていないままです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。