Square-Enix、Comic-Con 2019、FFVIIに登場Midadスクリーンショットのスクリーンショット

スクウェア・エニックスは今週も活躍しているようだ。 ファイナルファンタジーVIIリメイク Twitterアカウントで、サンディエゴコミックコン2019に参加することを伝えます。さらに、4年に予定されているPS2020 JRPGには、ミッドガルの最初のセクターを紹介するアカウントを介した新しいスクリーンショットがあります。

今のところ掲載サイト japantoday.com スクウェアエニックスが作っていると報じた ファイナルファンタジーVIIファイナルファンタジーVIIのリメイク サウンドトラックとそれらがどのようにダブルビニールの写真ディスクに置かれていて、1月に利用可能になるかは31st、2020です。

2枚のビニールディスクは、両方のOGから選択した音楽をフィーチャーします FFVII そしてリメイクして日本では7,777円、北米では$ 77.77(税引前)で走ります。 あなたはここでディスクのデュオをチェックアウトすることができます:

 

さらに、そして前述のように、公式のFFVIIリメイクTwitterアカウントは、スクエアエニックスとクルーがブース3829でこのコミックコンにいることを明らかにします。 CloudのHardy Daytonaが立ち上がると、ゲームプレイやデモリールが登場するかどうかは不明です。 私たちが答えを待つ間、あなたはここで発表をチェックすることができます:

そして今日のように、公式アカウントは2つのスクリーンショットを通してFFVIIリメイクのMidgarの「セクター1」のより詳細な観察を提供します。 背景に見られるように - 2つの新しいスクリーンを含むつぶやきは惑星のマコエネルギーがマコ原子炉によって抽出されることを詳述します。

最初の画面は遠方の原子炉を示し、2番目の画像は雲が正面に立っている状態で以下の装置のスケールを示しています。

あなたが好きかどうか FFVIIリメイク そうでないにせよ、7月の2019thロールアウト時に、より多くの情報がComic-Con 18から出てくる可能性があることを知っていてください。 その間、JRPGはPS3のために3月に2020rd、4、ドロップする予定です。