YouTubeは、著作権保護された漫画をアップロードするためにYouTubersアニメFightClub、LNDAの個人情報を引き渡すよう命令しました

YouTube DMCA

小学館の弁護士は、YouTubeに、その弁護士が侵害していると見なした漫画コンテンツをアップロードした特定のYouTubersの個人情報を引き渡すように命じました。 これには、いくつか例を挙げると、YouTubers Kile Russo、Optimistic Neko、Anime FightClub、およびLNDAが含まれます。

TorrentFreakに 小学館の弁護士からのDMCA命令は、侵害している動画をYouTubeから削除するだけでなく、違反したとされる犯罪者の個人情報もYouTubeに提供することを望んでいると伝えている。 この記事で共有されているPDFファイルの1つに、中島博之氏は次のように書いています…

「私は、日本の小学館株式会社(以下、「小学館」といいます)を代表して、著作物の個々の作家を代表します。
(「展示物A」)。

 

「最近、あなたのサービスの特定のユーザーが、www.youtube.comにあるあなたのウェブサイトに違法に公開し投稿したことが小学館の注意を引くようになりました。別紙A. Shogakulcanに記載されている各オリジナル著作物に対応する「著作物」は、著作権者、その代理人、または法律によって許可されていないと確信しています。」

侵害の疑いのある素材が掲載されているYouTubeアカウントのいくつかに簡単にアクセスすると、その中には反応ビデオ、レビュー、およびさまざまな日本の漫画の感想が掲載されていることがわかります。

例えば、 アニメファイトクラブ 漫画の各ページを見て、YouTubeでのコンテンツの感想、レビュー、および先読みを行います。 小学館はこれが著作権侵害であると主張しています。

下の彼のビデオの一例を見て、そのコンテンツがどのようなものかを理解することができます。

これは、Richard C. MeyerのComics Matterチャンネルと非常によく似ていますが、Meyerが自分のビデオで行っているように、コンテンツやアートワークだけを大まかに言及するのではなく、代わりにコミックページに完全に焦点を当てています。

このため、小学館は侵害している動画を削除するだけでなく、本名、住所、電話番号、およびYouTubersのアカウント情報を求めていました。

TorrentFreakの記事に掲載されている2番目の文書には、LNDA、Kile Russo、Anime FightClubなどの個人的な詳細に対する小学館の要求が含まれています。

「以下を特定するのに十分なすべての情報。(a)別紙Aの「YouTubeチャンネル/ユーザー」と題された欄に特定された各侵害者。 (b)別紙Aの「侵害行為」と題された欄に指定された侵害行為をアップロードおよび/または投稿した、www.youtube.comに登録されたその他のユーザー。上記(a)および(b)で言及された侵害者)をまとめて「侵害者」と呼び、個々に「侵害者」と呼びます。 ここで言及されている展示物Aは、この召喚状に添付されている5月の日付22、2019に含まれています。 この召喚状で要求される情報は、以下の情報を含むがこれらに限定されない、www。の侵害者のアカウントと共に、各侵害者が使用する以下の情報を証明するものとします。 youtube.com、Google AdSense、またはに登録されているか[リンク]されているその他のサービスアカウント
www.youtube.comへのInfringerのアカウント(まとめて「Infringerのアカウント」*)、およびタイムスタンプ(日付、時、分、および秒の表示)を、Infringerのすべてのユーザーへのユーザー登録時からアカウントと今日まで:任意の名前とすべての名前。 ありとあらゆるアドレス。 ありとあらゆる電話番号。 ありとあらゆるEメールアドレス。 Infringerのアカウントのアップロードおよびアクセスに使用されたIPアドレスのログ、および[アカウント]番号、クレジットカード番号、およびそのようなアカウントを保有または発行している金融機関の名前

要するに、彼らは、侵害者とされている個人情報や財務情報を、彼らを忘却させ、破産させる可能性が高いと考えています。

YouTubeは、コンテンツ制作者を気にせず、ユーザーが作成したコンテンツを意図的に抑制しても 主流メディアの偽のニュースを宣伝する、この状況は本当にどちらの方向にも進む可能性があります。 YouTubeが小学館に代わってバスの下に申し立てられた侵害者を非常にうまく投げ出すことができるという可能性の範囲外ではありません。 あるいは、彼らは実際には侵害者とされている個人情報を保護するための措置を取るかもしれませんが、最近の行動では考えられないようです。

文書の日付は22nd、2019です。したがって、それらはごく最近のものなので、YouTubeがどのように対応するのかを確認するまで待つ必要があります。

(ニュースチップDJ Dをありがとう)