Square Enixがストリーミングのスロースタートを予測、新人に勝つ可能性がある

Square Enixが最も実験的な出版社の1つであり、さまざまなチーム、プラットフォーム、および配布モデルと協力して、どこにいても、彼らが遊んでいる間にゲーマーに接触することを忘れないでください。 出版社はゲームのストリーミングには絶対に興味を持っていますが、松田洋介社長は近い将来業界が完全にデジタルシフトをするのを見ません。

最近で Game Industry Bizとのインタビュー松田氏は、今後のプロジェクトから、スクエアエニックスの舞台裏で起こっていることまで、ゲームの将来に向けて出版社をよりよく準備するために、あらゆる方向をカバーしました。 それはやや長いインタビューであり、業界の内部の動きに興味がある人にとっては読む価値が絶対にあります。

チャットからの主な問題の1つは、松田が近い将来ゲームストリーミングが「次の大きなもの」になることを期待していないということです。 彼の問題に対する感情は、実際にはそれよりも少し微妙です。そして、彼が文字通りすべてのスパゲッティを壁に投げかけて何が起こるのかを見る会社の頭であるので、それはいくらか余分な重さを負いません。 彼らは自社やパートナーのスタジオからやって来る主要なAAAプロジェクトを持ち、彼らは複数の小規模なスタジオやインディー開発者と仕事をしています、彼らは非常に成功したMMORPGとモバイル市場での強力な足場を手に入れました。ストリーミング版を バイオハザードVII 日本のスイッチに。

インタビューの中で、松田氏はグーグルスタジアムとマイクロソフトのxCloudサービスについて彼が非常に興味を持っていることについて話す。しかし、彼は彼らが現在のゲーマーを全ストリーミング未来に連れて行くより「新しい顧客に達する」可能性が高いと指摘する。 それでも、それでも、彼は明らかにストリーミングビジネスに本格的に取り組むことには用心深いです。

私はクラウドストリーミングが成功裏に開始されることを非常に望んでいます…これはインターネットインフラストラクチャに非常に大きく依存するので、私はそれが必ずしもすぐに離陸するとは思わない。

松田は続けて彼は現在のコンソールを期待していないと言って PC ゲーマーは突然ゲームの必要性のすべてのためにストリーミングに船を飛び越えます。 彼は、両方のプラットフォームが現在「非常に安定した素晴らしい環境」を提供しており、ストリーミングが長年のゲーマーに何らかのシフトを強いる前に同じレベルに到達する必要があるだろうと述べています。 しかし、伝統的にゲームをしておらず、より少ないハードウェア/ディスクなどで合理化された、手頃な価格のオプションを探している人々のために。 対処するために、Matsudaはストリーミングがついにいくつかの新鮮なゲーマーを倍増させるかもしれないと言います。

今年の後半にStadiaがローンチし、新しいコンソールが2020の後半まで発売されないと考えているので、ストリーミングの成功または失敗を実際に評価できるようになるには数年かかります。 いずれにせよ、それは展開するのを見るのがゲームの歴史の中で興味深い瞬間になるでしょう。

会社紹介

ライアンは一生の間ゲームをしていて、それらについて書くことを楽しんでいます。 ホッキョクグマは左利きです。 連絡を取る必要がありますか? お気軽に 電子メールRyan.

このリンクをたどらないと、サイトからのアクセスが禁止されます。