オーバーホームされたSteamライブラリーは来週中に稼働する予定です

夏が本格的に始まる中、Valveはこの機会を利用してSteamのユーザーインターフェースを少し改良しました。特にプレイヤーライブラリの改良です。 これは美学以外には大きな影響はありませんが、デジタルストアフロントで時々TLCを取得するのはうれしいことです。

上の上 スチームコミュニティページ、プレーヤーライブラリ内で行われるように設定された変更について、投稿がゲームパブリッシャーにライブ通知されました。 Valveは、昨年3月のGDC期間中にSteam Libraryにいくつかの変更が加えられることを発表しました。投稿によると、それらの変更は有効になりそうです。

実際、Valveは、数週間以内にアップデートが開始されると予想されているため、パブリッシャにゲーム資産に何らかの変更を加えることを推奨しています。

私が言える限りでは、新しいライブラリは「両方の長所」のアプローチを取っていて、リスト版のライブラリとタイル版のライブラリを混ぜています。 前者はちょっとした音と大騒ぎですぐにプレイしたいゲームに飛び乗りたい人には最適ですが、後者はすべての人の前で自分のデジタルゲームを「見る」ことを好む人には最適です。 タイル形式は、ライブラリを見ているだけで、何を再生したいのかを判断しようとする場合にも便利なオプションです。

提供されている例のライブラリリストは、ゲームが最後にプレイされたときに整理されていますが、アルファベット順のような他のオプションもカードに含まれることになります。 タイル張りの領域に関しては、どのゲームにメジャーアップデートがダウンロードされる準備ができているかなどをプレイヤーに通知するためのバナーセクションが上部にあり、タイルは「最近のゲーム」や「お気に入り」などのカテゴリに分類されます。繰り返しになりますが、表示されている内容と場所について、プレーヤーが少し制御できるように思われます。

コミュニティの投稿には、新しいライブラリが公開される前に出版社から何が必要かについての情報が少しあります。そのため、内部で何が起こっているのかに興味がある場合は、簡単に読む価値があります。 それ以外の場合は、しっかりと握ってSteamでの図書館の経験を積んでください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。