PlayStationは今や700Kユーザーに到達

ソニーは最近、FY2018の収益発表を発表しました。その重要な強みの1つは、同社のストリーミングサービスであるPlayStation Nowがかなりの勢いを増しているということです。

PlayStation Nowは、ソニーのクラウドおよびサブスクリプションベースのゲームへのスイングです。 PlayStation 750、PlayStatin 4、およびPlayStation 3の2以上のゲームのライブラリがあり、それらはすべて月額または年会費で無制限にアクセスできます。 PlayStation Nowは、以前は厳密にストリーミングするプログラムでしたが、昨年、プレイヤーが実際にゲームを自分のホームコンソールにダウンロードできるようになりました。

のコメントによると 決算発表 最後のメモがPlayStation Nowの新たな勢いの大きな原因であると思われる、最高財務責任者のトトキヒロキ氏。 Totokiによると、いったん彼らがプレーヤーにゲームをダウンロードさせ始めたと、彼らのゲームへの関与は二倍になります。 言い換えれば、ストリーミングが唯一の選択肢であるときに人々がPS Nowゲームを1日1時間プレイしていたならば、今彼らはダウンロードされたゲームで1日2時間プレイしている。 サーバからストリーミングするのではなく、自分のハードドライブから直接ゲームをプレイする場合、人々はより快適に感じるようになり、問題が少なくなる傾向があります。

ゲームをダウンロードする機能による新たな関心と、PlayStation Nowへのアクセスを獲得したヨーロッパの9社がこの昨年度を組み合わせたことで、Sonyは40パーセントを超える加入者の増加を見ています。 毎月700,000の加入者にサービスを試してもらう人が増えています。

今後数年間でPlayStation Nowが大きな焦点になることは明らかです。 グーグルはストリーミングのみのパーティーを始めようとしており、マイクロソフト自身のゲームサービスは非常にうまくいっている。 Sonyは今後もこの市場で競争することを目指しているので、PlayStation Nowの今後の機能強化や、ソニーの次の大きなハードウェアのサービスを利用するための仕様の追加を予定しています。

月に$ 20または年に$ 100で、それはかなり高価なゲームの贅沢のように思えます。 しかし、最新の絶対的なゲームをプレイすることに興味がなく、物理的なコピーを所有することにも関心がない人にとっては、月額$ 20の大量のゲーム用ゲームがまさに彼らが探しているものかもしれません。