Halo:フルキーボードとマウスのサポートですぐに威力を発揮するマスターチーフコレクション
ハローマスターチーフコレクション

マイクロソフトと343インダストリーズは、史上初めてのことを発表しました。 Halo:マスターチーフコレクション のSteamでリリースされます PC。 発売日は掲載されていませんが、もうすぐSteamに来るそうです。

ニュースは スチームアプリのページ これは、343 IndustriesがSplash Damageと協力してアンソロジーをPCに移植したことを明らかにしています。 ヘイロー:リーチ、ヘイロー:コンバットエボリューションアニバーサリー、ヘイロー2:アニバーサリー、ハロー3、ヘイロー3:ODST そして ヘイロー4.

これは膨大なニュースで、ファンがすぐにコレクションを希望するようになるでしょう。 ねえ、私は今それをただ希望しました。

パッケージには、キャンペーンページ、マルチプレイヤーマップ、カスタマイズがすべて含まれています。ストアページには以下の情報が含まれています…

「象徴的なヒーローと彼の壮大な旅を称えて、The Master Chiefのストーリーは、合計67キャンペーンミッションと120以上のマルチプレイヤーマップ(オリジナルのHalo Combat Evolvedマップを含む)およびSpartan Opsマップと一緒にもたらされます。 マウスとキーボードをサポートした4K UHDとHDRを搭載したPC用に作られたHaloファンが待っているコレクションです。」

による XboxニュースワイヤーMicrosoftは、この問題を解決し、PC上で正しく機能するようにするには時間が必要になると述べている。 それ以来 ヘイロー:リーチ マイクロソフトは、ミックスに追加されています、マイクロソフトはゲームを所有している人たちのためにマルチプレイヤーコンテンツとフォージモードを遡及的に有効にするでしょう。 Xbox One。 からキャンペーンモードを追加することもできます。 ヘイロー:リーチ Xbox Oneにプレミアム価格で。

これは初めてのことではありません ハロー シリーズとしてはPCに登場しています。 オリジナルのゲームは、OG Xboxのリリースとともに2001でPC上で利用可能になりました。 ヘイロー2 2004に戻ってOG Xboxで立ち上げと並んでWindows Vista独占的だった。

これはまた、噂が本当であることを裏付けています。 ハロー 数年前にSteamDBに登場するゲーム。 マイクロソフトは本当にゲームをSteamに移植するために343とSplash Damageと協力していました。

実際、ゲームのリストは最初に戻ってきました 2014の8月5年前、#GamerGateが開始される直前。

2年後、 2016の月、マイクロソフトは作るだろう ヘイロー5の Windows 10ユーザーが偽造モードを利用できるため、Xbox Oneユーザーとマップを作成および共有できます。

そして今、Steamユーザーはついにプレイできるようになるでしょう。 Halo:マスターチーフコレクション 4K UHDのフルサポートと無制限のフレームレート、そしてすべての優れた機能 ハロー 彼らはのリリースで創造的な廃墟に苦しむ前にゲーム ヘイロー5.

すでに述べたように、コレクションの発売日はまだ決まっていませんが、その情報はまもなく発表される予定です。

(ニュースチップs_fnxをありがとう)

会社概要

ビリーは、エレクトロニクス・エンターテイメント空間内のビデオゲーム、技術とデジタルトレンドを網羅年間のJimmiesをざわめくされています。 GJPは叫んだと彼らの涙が彼のミルクセーキとなりました。 タッチで取得する必要がありますか? 試します お問い合わせページ.

このリンクをたどらないと、サイトからのアクセスが禁止されます。