英雄の伝説:冷たい鋼鉄3の道はNISアメリカによってローカライズされる

冷鋼の伝説III

2019の秋にリリース予定 英雄伝説:コールドスチール3のトレイル ヨーロッパと北米のPS4で、英語と日本語のナレーションオーディオオプションと英語とフランス語の字幕オプションの両方で利用できるようになります。 一部のゲーマーにとって真の取引ブレーカーは、NISAmericaがゲームのローカリゼーションを処理することです。

Gematsu NIS Americaによる公式発表からニュースをピックアップしました。NisAmericaは、次のウエスタンリリースのゲームの予告編を含んだツイートを使って発表しました。

予告編は映画の一部を網羅しているだけでなく、戦闘で使用できるメカについて簡単に説明しています。 プレイヤーが自由に使えるキャラクターはたくさんありますが、以前のゲームのターン制の戦闘でも同様に効果があります。

視覚的には、ゲームに大きな変化はありませんが、好きではありません 英雄の伝説 シリーズは画期的なグラフィックを持っていることが知られています。

Twitterのスレッドは、NISAがXSeedゲームではなくローカライズを扱っていることに気付いたときに、ほとんどのゲーマー、特にシリーズのファンがニュースをどのように受け取ったかを示しているようです。

YouTubeのコメントはそれほど否定的なものではないが、NISAが衣装の不足している他の地域化されたゲームの演劇、特にゲームのバングルリリースで何が起こったのか繰り返さないことをNISAが証明する必要があることを認めている イースVIII複数の遅延と謝罪が必要でした。


コメント欄にはNISAを擁護している人も少なくない。 英雄伝説:コールドスチール2のトレイル 良いゲームだったと正しくローカライズされました。 しかし、そのためにローカライズを行ったのは実際にはNIS Americaではありませんでした。 冷鋼トレイル2, XSeed Gamesでした.

日本のRPGのファンの多くは、NISAのローカライゼーションに興味を持っていません。 イースVIII 半年遅れて発売されました ゲームはリリース時に壊れていました。 そして、それは彼らがローカライゼーションを見直し、いくつかの声をやり直し、そして最初の苦情を受けた後にゲームを元気づけなければならなかったことを言うのではなく、彼らは2018の始めに出てきたパッチでローカライゼーションを修正しました。 PS VitaとPS4.

あなたはを探すことができます 英雄伝説:コールドスチール3のトレイル 今年秋にPS4で発売する予定です。 うまくいけば、NISアメリカは過去の過ちから学び、どんな大きな論争をも避けるために、今度は地域化で正しい適切な仕事をします。

(ニュースチップzac zaのおかげで)